スレート瓦と大棟です。棟板金とは??豊中市本町

【台風21号、台風24号で被災された方へ10/25更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

棟板金
スレート瓦と大棟です。
棟板金はどれ?
豊中市本町の屋根の棟板金です。

棟板金とは屋根を留めている金属部分です。

屋根と屋根の辺が合わさる山状の接合部分を覆っている雨水の浸入を防ぎ、
屋根材を固定しています。

棟には、屋根と屋根が交わる山状の頂上にあるのが大棟と呼び、
大棟より端へと対角線上に伸びているものを隅棟などがあります。





棟板金で多いトラブルは



・台風などの雨風による棟の飛散、変形

・湿気、漏水などによる貫板の腐食、劣化

・棟の浮きや釘の緩み




などが代表的なトラブルです。


棟板金のこうした症状を放っておくと中にある貫板(板金うを留める為の木材)が腐食してしまい
強度が急激に落ちてしまいます。



最近では、樹脂製の貫板が定着し始めており、木製より劣化しないのが特徴です。