壁の取り合い部分ののし瓦がはずれています。雨漏りの心配は?豊中市永楽荘

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/20更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

壁際の瓦のズレ
豊中市永楽荘の建物で壁の取り合いののし瓦がはずれています。

壁の取り合い部分からの雨漏りも多いです。

最近では板金によって雨押えされている家が多いですが、

昔はこのように、のし瓦などの瓦を使い壁の取り合い部分から、

雨が浸入しないような施工法でした。

写真のように瓦がはずれていては、大雨や台風などの影響を

受ければ瓦が飛ばされれて落下する危険性があります。

また瓦がはずれるということは、他の瓦まではずれてしまう可能性があります。

棟瓦の下に面戸漆喰がありますが、築年数が経つと屋根の場合は、漆喰が

劣化していないかどうか考えなくてはなりません。

漆喰は瓦を留めるための葺き土が崩れないように保護しています。

昔の家は漆喰を使用して家が多いですが、漆喰のメンテナンスができていない家も多く

中の葺き土がよく見えてしまっている場合があります。

粘土瓦であれば耐久性も優れて、塗装のなどのメンテナンスもほぼ不要ですが

漆喰のメンテナンスを怠ってしまい、瓦がはずれたり、歪みなどから雨漏りしてしまった

家も多くあります。

家の造りは雨漏りしない為の工夫は細かく施されていますが、たった1部の破損から

建物はどんどん劣化してしまいます。