雨樋のとまり部分が割れて穴があいています。豊中市夕陽丘

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/20更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

軒樋の穴あき
軒樋のとまりと言われる部分が破損しています。
豊中市夕陽丘で、屋根から流れ落ちてくる雨水を受ける
雨樋のとまり部分が穴があいています。

雨樋は建物の外壁に雨水がかからないように、
また躯体や内部にも雨水が浸入して腐食を避けさせるなど重要な役割を果たします。


屋根からの雨が直接地面に落ち、地面に溝を作ったりしてしまうと、
建物の基礎まわりを不安定にさせます。




雨樋が壊れてしまう理由は

〇落ち葉やゴミ、泥が詰まっている。

〇雨樋の傾斜が正常ではない

〇経年劣化している

〇雨樋の継手に隙間がある

〇風や雪などの影響

ゴミの詰まりが一番多いのは集水器です。

屋根から流れ落ちる雨水が軒樋を通り集水器に集まります。

庭などの木々が近くにある場合はかなりの確率で、枯葉などが
落ちている可能性があります。


写真ではとまり部分の割れになりますが、軒樋は集水器の方で勾配をつけますので

まり方向へ流れませんが、とまりも屋根からの雨水を受けるますので、
穴があいてしまってては、外壁に直接水がかかってしまいます。

雨樋は建物を保護する重要な役割ですので老朽化させない為にも早期の補修が必要です。