本瓦葺きです。瓦葺きには様々な工法があります。吹田市尺谷


丸瓦
平瓦の上にかぶせる男瓦である丸瓦
平瓦
屋根の広範囲で伝統的な形で受ける女瓦である平瓦
日本瓦の1つとされている本瓦を用いる本葺きは、屋根の広範囲は伝統的な形で受け女瓦である平瓦、上にかぶせる男瓦である丸瓦の組み合わせで葺き、棟や軒先、ケラバ(袖)部分に多種類の役物瓦(役瓦)を使います。

最近の建物で多く見られるような桟瓦は平瓦に属しますが、丸瓦を併合してあるので丸瓦を使いません。
本瓦葺きは一般の住宅でも使用されますが、寺院やお城の屋根にも使用されています。
日本で初めて瓦が葺かれた飛鳥時代より連綿と継承されてきた瓦の源流です。

本瓦葺きは重厚感がありますが、屋根の重量が重たくなってしまいます。
瓦葺きの方法は、本瓦葺き、桟瓦葺き、引掛け桟瓦葺きがあります。

桟瓦葺きとは本瓦葺きの屋根の重量が弱点の対策として、丸瓦と平瓦を一体化させて波型の桟瓦を使用した葺き方です。

引掛け桟葺きとは桟瓦葺きに桟瓦の裏面に突起をつけて、引掛けて瓦が落ちないように改良された工法です。
現在の瓦葺きの住宅ではでは引掛け桟瓦葺きが多く採用されています。