本瓦葺きです。瓦葺きには様々な工法があります。吹田市尺谷

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/20更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

丸瓦
平瓦の上にかぶせる男瓦である丸瓦
平瓦
屋根の広範囲で伝統的な形で受ける女瓦である平瓦
日本瓦の1つとされている本瓦を用いる本葺きは、屋根の広範囲は伝統的な形で受け女瓦である平瓦、上にかぶせる男瓦である丸瓦の組み合わせで葺き、棟や軒先、ケラバ(袖)部分に多種類の役物瓦(役瓦)を使います。

最近の建物で多く見られるような桟瓦は平瓦に属しますが、丸瓦を併合してあるので丸瓦を使いません。
本瓦葺きは一般の住宅でも使用されますが、寺院やお城の屋根にも使用されています。
日本で初めて瓦が葺かれた飛鳥時代より連綿と継承されてきた瓦の源流です。

本瓦葺きは重厚感がありますが、屋根の重量が重たくなってしまいます。
瓦葺きの方法は、本瓦葺き、桟瓦葺き、引掛け桟瓦葺きがあります。

桟瓦葺きとは本瓦葺きの屋根の重量が弱点の対策として、丸瓦と平瓦を一体化させて波型の桟瓦を使用した葺き方です。

引掛け桟葺きとは桟瓦葺きに桟瓦の裏面に突起をつけて、引掛けて瓦が落ちないように改良された工法です。
現在の瓦葺きの住宅ではでは引掛け桟瓦葺きが多く採用されています。