大棟の板金の釘が浮いてきています。強風などの影響で・・・。豊中市曽根東


P3295503-columns2
板金の中には貫板という木材が入っており、釘で板金と貫板をとめています。
P3295501-columns2
棟板金の写真です。
屋根材を固定させたり、雨水の浸入を防いでいます。
P3295502-columns1

豊中市曽根東町の大棟の板金の釘が浮いています。

棟板金とは主にスレート屋根の棟に被せる板金のことをいいます。

棟板金によって棟から雨が浸入することを防ぎます。

また屋根材を固定させる役割もあり、台風や大雨から建物を

守ってくれています。

棟板金の内側には貫板という板金を止める釘が打ってあり、

長年の雨風などの影響で、釘が浮いてきてしまうことがあります。

釘が抜けてしまうことになれば、板金が固定できず、隙間や、釘穴から

雨が入ってきてしまいます。

棟の中には貫板がありますので、木材の腐食にも繋がります。

そうなると釘が止めの役割を果たせず、さらに棟の劣化が進み、

雨漏りしてしまいます。

貫板が腐食していることの原因は板金や釘に問題が生じています。

現在では木材の貫板を腐食させない為に、水に強い樹脂製の芯木を棟板金に使用される

ようになってきました。