ウレタン防水通気緩衝工法です。この筒みたいなのは何??岸和田市

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/20更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

脱気筒
岸和田市でウレタン防水通気緩衝工法です。

写真は脱気筒といって防水層と下地の間に発生した水蒸気を排気させるためのものです。

屋上などの下地コンクリートは、雨や室内の湿気・水分を含んでおり、昼夜の温度差や太陽熱

により水蒸気を発生させます。

この水蒸気が防水層との間に発生すると防水層が膨らみます。防水層が膨らむことによって

層の耐久性が弱くなりそ劣化を促進させてしまいます。

その後、雨漏りなどの原因にもなります。

そのような防水層の膨らみを防止するのが脱気筒の役割です。



ウレタン防水緩衝工法とは塗膜防水の中の1つで

ポリウレタン樹脂を一定の膜厚を保ち、均一に流し込みます。

継ぎ目のない塗膜をつくることに防水層を成形します。

ウレタン防水と言ってもいくつか種類や工法があり、

適正適所な工法の選定も不可欠となります。

工法を間違えると施工後に膨れが生じたり亀裂が入ったり漏水の原因となります。