雨樋にはたくさんの部材によって形成されています。大阪市西淀川区

【台風21号、台風24号で被災された方へ10/25更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

竪樋

集水器

集水器

樋の種類
雨樋と言ってもこのようにたくさんの部材によって形成されています。
1つ1つが重要な役割をして屋根から流れ落ちる雨水を、
しっかり受け止め、また地面へと排水してくれます。
大阪市西淀川区の雨樋の写真です。

雨樋は建物にとって必ずなくてはならないもので、屋根から流れる雨水を

軒樋でしっかり受け止めます。

軒樋から集水器や自在ドレンへと勾配をつけて雨水を流れさせます。

しかし、軒樋や集水器以外にもたくさんの脇役がいます。、

軒樋継ぎては樋と樋の切れ目に継ぎ付け、雨が切れ目で落ちないないような役目だったり、

軒樋をとめる樋受け金具や竪樋金具をとめるつかみ金具も重要な役割です。

このようにたくさんの接合により成り立っています。

雨樋はサッシや外壁、基礎などにできるだけ雨水があたらないように必要とされています。

新築、古家にかかわらず昔から雨樋は必要とされ、必ずどの建物にもあります。

もし雨樋がなければ大量の雨水が建物にかかってしまい、建物の老朽化にもなってきますし、

雨漏りの原因にもなってきます。

雨樋は枯葉や泥などまた雪や大雨などによって曲がったり、ビスがなくなったり、経年にる割れなど

被害がよくあります。

そのままにしていても、必ずどんどん劣化していきます。

建物の定期メンテナンスや補修工事の時に必ず業者に点検してもらうといいですね。

マックスリフォームでは現場調査、点検は無料でおこなっています。