左官工事とは?珪藻土塗り、しっくい塗りとは?

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/20更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

左官
eb22bf7a906b7f73af3d68cd620dade7-columns2
左官工事とは

左官工事とは、壁面などにモルタルや漆喰のどの材料を用いて、コテやローラーで仕上げ

るもので、建物の耐久性・防火性を高めることや、表面の意匠・装飾が主な目的です。

コテ塗りが主体のため、コテ塗り仕上げ、湿式工法仕上げとも呼ばれています。




木造住宅での仕上げの種類には漆喰塗り、プラスター塗り、モルタル塗り、京壁塗り

仕上塗材仕上げなどがあります。

材料を水練りし、それを床、壁、天井等に必要な暑さに塗って硬化、凝固させて仕上げます。

左官は目地なしの一体的な仕上げが可能で、複雑な模様やレリーフ、曲面をつくり出せることも

特徴です。

近年、とくに健康や安全、エコロジーといった視点から自然素材が注目され、内壁に珪藻土塗りや

漆喰塗りといった左官仕上げが復活しています。