雨樋が垂れ下がっています!その理由は!?片山町

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/20更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

雨樋の金具がはずれています
雨樋が垂れ下がっています。
雨樋の金具がはずれています
雨樋を固定している金具がはずれています。
吹田市で雨樋が垂れ下がっています。
まず一つ目にかんがえられることが集水桝の重みで取り付けてある金具がはずれたか、雨樋がつまり、雨水の重さに耐えきれなかったからだと思います。

どちらにせよ雨樋の役割をはたしていませんので修理するほうがいいでしょう。放置し雨樋が壊れてしまえば見栄えも悪くなりますし建物を傷めてしまいますので補修することを提案したいですね!

金具の取り付間隔は60センチから90センチが基本となります!
瓦屋根と雨樋
写真の右側の金具は60センチでついていますがあきらかにたりっていませんよね!
建物メンテナンスは定期的にするほうが絶対にお得ですね!金具の交換ならば脚立作業で1時間ももあればできますが雨樋が壊れてからでは手間のかかる作業になりますので、気になるところはプロに点検してもらうといいですね。