屋根工事吹田市千里ニュータウン


今日は天気も良く現場日和でした。現場近くでは運動会も行われており非常に楽しく作業ができました。

写真は大工さんが野地板を張り終えた後に防水紙を張り、屋根材を配り終えた状態です。

材料紹介

防水紙:アスファルトルーフィング(カラールーフ)三島工業株式会社様

    耐久年数30年位

 

屋根材:コロニアルクアッド(ココナツブラウン)

 

家の寿命は雨水対策が重要です。つまり防水紙は屋根を雨水から守り、屋根材は紫外線や雨水から防水紙を守る役割があるのですね。勿論見た目も大事ですが防水紙を張り終えた時点での点検には気を使いますね。なぜなら屋根材をかぶせてしまえば見えなくなるからです。

お客様から見えないところに気を遣える職人さんはかっこいいですね。

「目配り」「気配り」「心配り」の姿勢は人にだけではなく、建物にも伝わりますからね。

コロニアル
アスファルトルーフィングを軒先から棟に向けタッカーで打ち込んでいきます。綺麗に張れました。