築35年雨漏り調査万博公園近く


瓦桟と防水紙
瓦の下の防水紙と瓦桟の様子です。
雨漏り調査で大切なことは、どこが原因で雨漏りしているかを特定することです。屋根に登り、瓦をめくり状況を把握し、工事提案をします。
屋根が原因で雨漏りしていないのに葺き替えたり、塗装をしても無駄な費用がかかるだけですからね。

今回のケースは棟に詰めている泥が流れていることと防水紙が劣化していることから考えれば、屋根の葺き直しと行きたいところですが築年数を考え、建物の重量的な負担を考えればやはり軽い屋根材を使った葺き替え工事をお勧めしたいですね。

葺き替え(既存の屋根材を全てはがし下地からやり直し新しい屋根材を葺いていく)

葺き直し(既存の屋根材そのまま再利用。下地をやり直して元の状態に戻す)

後は施主様の意見や要望を取り入れながら決定していきたいと思っています。
とにかく工事が終了した時点で施主様に喜んでいただけることは勿論ですが、5年、10年後まで、その笑顔を頂けるよな提案、施工を心がけています。