瓦屋根漆喰のはがれ吹田市豊津町

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/20更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

漆喰
写真は瓦屋根の下屋の部分です。右から瓦3枚分の漆喰がはがれています。
築年数がたっている割にはとてもきれいなお宅でした。
漆喰の剥がれは有りましたが、瓦の割れもなく、特に水切り部分の板金もしっかりとした施工で雨水の浸入を防げていますね。
漆喰が剥がれた状態をほったらかしにすると小雨程度では浸水しませんが大雨時の風向きによっては浸水してしまう可能性があるのでご注意ください。
漆喰が剥がれた理由は色々ありますが経年劣化意外に多いのは鳥が雛を育てるために瓦の下に巣を作るために漆喰をくちばしでつつき壊し進入してくる事もあるのですね。
屋根を葺き替える際に瓦をめくってビックリすることもあります。見事な鳥の巣が・・・雛が巣立っていれば安心ですが、そうでなければ工事ストップですね((笑)

鳥の巣
鳥の巣です!
自然界にも特許を上回るほどの知恵と技術があることを痛感させられました。
因みに雛は巣立っていました。