破風板の表面が劣化により腐りかけています!吹田市岸部

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/20更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

ケラバ
破風板が劣化により腐食しています。

設置している衛星アンテナやテレビアンテナを固定している留め具がはずれてしまうと大変です。
破風板が劣化しています
破風板が劣化しぼろぼろになっています。
破風板を建物の飾りだととらえている方もいるかもしれませんがとても重要です。

破風板が劣化し腐ってしまうと屋根への負担も大きくなります。破風板は屋根の骨組みと考えてもいいでしょうし、ケラバの瓦は破風板が支えているといってもいいでしょう!

破風板の種類を紹介します。
①窯業系(セメント質と繊維質を主な原料し板状に形成したもの)
②金属系(ガルバリウム鋼板やアルミ)
③木質系(杉やヒノキ)
と大きく分ければ3種類になります。

破風板の役割としましては台風などの雨風から守りながら屋根を支える役割もしているのですね!ですから屋根のリフォームをするさいには屋根の葺き替えと一緒に破風板と鼻隠し板は交換もしくは塗装をしておいたほうがいいでしょう。

建物をリフォームするさいは必ずプロの業者にお願いし、くまなく点検してもらうことをお勧めします。目に飛び込むところだけを強引に進めてくる業者はやめておきましょうね!軸組み下地の状態も把握せず、屋根にものぼらずでは建物の状態の10%ほどしか把握できないと思います。