土居のし雨おさえの瓦がずれています!吹田市原町

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/20更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

土居のし
雨押えの瓦がずれています。
のし瓦
瓦が落ちると大変危険です。
土居のし雨押えと聞いてもピンとこないと思いますので簡単に説明しますと、

土居のしとは、写真のように下屋が瓦で葺かれていて、2階の外壁と下屋部分のつなぎ目のところです。

平瓦を葺き、土居のしを積んで雨押えという施工をします。

非常に重要な場所なのですね!雨漏り箇所のベスト3に入ります。壁と屋根の取り合い部分はリフォームする際も特に気を遣う部分です!

このままでは雨漏りする恐れがあります。
雨仕舞
雨押え箇所に防水紙を巻き込んでいきます。
雨押え完成
瓦棒板金で仕上げています。
参考写真がありました!下屋の雨仕舞です。防水紙を壁まで折り曲げ板金で抑えていきます。きれいにできました!

街の屋根やさん大阪では雨漏りなどの屋根点検も行っています。

雨漏りなど屋根トラブルでお悩みの方、

ご相談はお問い合わせページかお電話にてお気軽にお問い合わせください。

雨漏りなどの屋根点検についてはこちら