雨漏りの原因はどんなところに潜んでいる?豊中市小曽根

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/20更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

スレート屋根
屋根工事をさせていただく前に一番大切なのが現状報告をきっちりとさせていただくことです。

最近は少し減ったみたいですが屋根工事をしたにも関わらず、雨漏りが止まらなかったなどのクレームも多かったみたいですね。

ですからマックスリフォームは絶対に手抜き調査は許せないのですね。

必ず屋根にのぼりくまなく点検し提案しています。
できる、できないの答えは屋根が教えてくれます。
daeafd546cabc80186efbc35f4e18670-simple
屋根材はF形平板瓦です。白く見える部分は表面の塗膜が劣化しています。

所々風や揺れの影響で、ずれている箇所も確認できます。
dc995a45eacbed8e18dc21b81e52ee79-simple
とくに気になる箇所は大棟の瓦が5センチほどずれているのと、鬼まわりのコーキングがはがれていますので、雨漏りへの二次災害が気になるところです。


築30年を超えると屋根工事や補修は必要になってきます。

とくに発見が遅れがちになるのが見えない場所になる、下地や防水紙の状態になります。

瓦の割れやずれが目視で確認できる場合は下地を疑ってみるのも大切な事ですね!

雨漏り対策で一番大切なのは、見た目や感覚ではなく、プロの定期点検を5年に一回くらい行うことをお勧めします。

マックスリフォームでは無料診断を行っています。
ちいさな不安でもかまいません!屋根工事や雨漏りに関することがありましたらお電話ください。


プロの調査員が60分以内にお伺いします。(吹田、豊中、茨木、高槻、池田)

街の屋根やさん大阪では雨漏りなどの屋根点検も行っています。

雨漏りなど屋根トラブルでお悩みの方、

ご相談はお問い合わせページかお電話にてお気軽にお問い合わせください。

雨漏りなどの屋根点検についてはこちら