瓦屋根の経年劣化!補修を繰り返すメリットは?豊中市

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/20更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

瓦屋根
築年数の影響でしょうが瓦が劣化していますし漆喰もはがれています。


瓦屋根
大屋根の状態ですが、何枚か割れているところを肉眼では確認できました。
瓦屋根竪樋
下屋のケラバ部分や所々の瓦は交換している様子です。

竪樋も劣化により割れていますし雨樋もゆがんでいました。


瓦屋根水切り部分
一番気になる箇所は壁の取り合いになる水切り部分です。

漆喰ははがれていますし板金がまかれずのし瓦だけで雨押えをしている状態です。
壁に水がまわり二次災害の雨漏りに発展しなければいいのですが。


恐らく過去に雨漏りしたのでしょう。
 
瓦の張替補修は見てうかがえますが、水切り部分はてをかけていないと思います。

ここがポイントで水切り部分の雨仕舞い施工技術により屋根壁の寿命は変わってきます!

瓦を張り替えたり、雨樋交換なら補修工事程度でできますが、
全体的な劣化状況を見れば補修を繰り返すよりも屋根の葺き替え、雨樋、竪樋を交換し壁の取り合い部分は雨仕舞をしっかりとしたほうがいいと思います。