木造2階建てスレート屋根!豊中市


スレート屋根
スレート屋根の表面が白く見えるところは塗膜が剥がれている部分です。雨樋、ケラバの板金は特に問題はありませんが、棟板金が少し浮いている様子です。
スレート屋根
壁との取り合い部分から棟板金が浮いています。



スレート屋根
スレート屋根の一部が割れています。原因はわかりませんが、経年劣化によるものだと思います。

スレート屋根のメリットとデメリットを紹介します。

メリットとしては瓦屋根に比べ2,5倍くらい軽いため耐震性が高く、費用も安い。
さらに色も約20種類以上から選べる。

デメリットとしてはスレート屋根は表面を塗装していますので
10年に1回ペースで塗装が必要になってきます。

さらに耐久性については30年から40年と言われていますので、
日本瓦にはかないません。(日本瓦は100年ともいわれています。)

どんな屋根材を使用しても、天候や立地条件によっても耐久性は変わってきますが、
メンテナンスをしっかりとやっていれば30年や40年で建物が駄目になってしまうことはあり得ません。

最近スレート屋根のお宅からのお問い合わせ質問の中にアスベスト問題について聞かれることがあります。
「築15年以上の屋根材にはアスベストが含まれているので葺き替えをするか、カバー工事をしなければ危険だし病気になるなどと」業者の方に言われたとの相談です。
アスベスト問題は深刻ではありますが、屋根材にアスベストが含んでいるから危険だとか病気になるということはありません!吸い込んで肺に達してしまえばよくはないですが、通常の生活をしている分には問題ないでしょう。