バルコニーの軒天に雨染みが!雨漏りに発展させないためには!吹田市


バルコニー軒天
バルコニーの軒天に雨染みが出ています。
軒天が腐食する前に補修が必要です。
バルコニー軒天
こちらもうっすらと雨染みが出ています。
バルコニーの軒天の雨染みは床の防水機能が低下しているサインです。

ドレンまわりに雨染みが目立ちますのでつまりも考えられますが、どちらにしろ雨漏りをしていることは間違いないと思います。

軽度な雨漏りをほったらかしにしてしまうと二次災害に発展してしまいますの注意が必要です。

そこで今回予測できる二次災害を紹介します。
・バルコニー付近からの壁への水の浸入
・バルコニー全体の腐食による交換
などが考えられますのでどちらしても防水工事を提案したいですね。

バルコニー自体の耐久性は問題ありませんが、
防水機能の耐久年数は10年位と考えていただければいいと思います。

メンテナンスに対する考え方としては、新築から10年で点検し部分補修などを行うことです。軽度のうちに発見すれば安価で済むケースがほとんどです。

新築から定期点検、メンテナンスを行うことによって、安心して生活していただけると思います。

マックスリフォームではお問い合わせから即日無料点検を実施していますのでご連絡ください。