スレート屋根の特徴やメリット・デメリット

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/20更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

pixta_19825536_M-columns1

こんにちは!
朝夕はだんだんと涼しさを感じられるようになってきましたね。
でもまだ日中は日差しも強く、気温も高いです。
屋外でのお仕事の方は熱中症などには十分気をつけてくださいね。

さて、前回はスレート屋根の種類などを調べてみました。

今回はそのスレート屋根の特徴や、メリット・デメリットの面から見ていきたいと思います。

スレート屋根の特徴

近年、屋根材としてもっとも多く使用され普及しているのが、この「スレート屋根材」です。
スレート屋根は粘土版岩を薄く加工した屋根材です。

前回見たように、天然と人工の二つのものがありました。

これだけ普及しているの屋根材ですので、スレート屋根材の従来の耐久性などの弱点も商品の更なる開発や強化などがなされています。

また化粧スレートでは、現在製造が中止されている人体に有害な物質「石綿(アスベスト)」は使用しておりません。
今多く使われている人工スレートには、それに代わる樹脂などの安全な非石綿を使用しており健康被害の心配はありません。

スレート屋根のメリット・デメリット

それではスレート屋根のメリット・デメリットを見ていきましょう。

■メリット
 ・軽くて耐震性に優れている
 ・カラーバリエーションが豊富でデザイン性が高い
 ・比較的安価

■デメリット
 ・メンテナンスが必要

スレート屋根はデザイン性も高くお手頃な屋根材なんですね。
スレート屋根は、やはり瓦屋根に比べると重量も軽く、施工もしやすいものとなっています。
そしてその軽さゆえ地震の揺れの影響を受けにくく、大きな揺れに対しても比較的被害は小さく抑えられます。

素材が軽いので瓦に比べると施工も簡単で短期間で済みます。
色が豊富というのは、デザイン面での選択の幅が広がるということですね。
お客様の建てたいイメージに沿ってデザインできます。

施工がしやすいので複雑な構造にも適しており、すっきりとモダンな演出ができます。
沢山の色の中からチョイスができてバリエーションも豊富ですので、お客様の要望に沿うことが可能になります。
スレート屋根は、一般的な瓦屋根に比べるとやはりお手頃な価格です。

一部の天然石を使用した高級な天然スレートなどは高価ですが広く普及・流通している人工の化粧スレートは安価なものが多くあります。
また施工自体も簡単に出来るので、修理等の費用も抑えることが出来るのです。
瓦屋根などに比べると、スレートの屋根材はメンテナンスが必要となってきます。

その素材上、そりやひび割れが生じやすいので、表面の塗り替えが欠かせません。
定期的なメンテナンスがいるので手間やコストが少々かかるようですね。

初期費用が瓦と比べると安価なので、瓦にするのか、スレートにするのか、もしくは金属屋根(また後述しますね)にするのか…
そのときそれぞれの状況やライフスタイルに合わせて選ぶことが大事ですね!

さいごに

スレート葺き替え
スレート屋根の特徴とメリット・デメリット、いかがでしたか?
いま現在流通がもっとも多く、人気の素材であるスレート屋根材。

定期的な点検やメンテナンスを行い、それぞれのお財布状況や生活スタイルに合わせて最適な選択ができたらいいですね。