屋根材|金属屋根について

【台風21号で被災された方の安全と一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます】
  台風21号が西日本に甚大な被害を与え日本列島を通過しました。
関西地方を中心に各地で記録的な暴風による停電被害、事故、交通の乱れ、住まいの破壊など大きな混乱が生じ、現在でもその爪痕が残った状態となっております。台風による被害を受けた方、受けたかも知れない方は街の屋根やさんにご相談ください。点検はもちろん可能な限り応急処置にもその場で対応いたします。
現在大変多くのお客様よりお問合せを頂いており、順番に対応をさせていたただいております。
皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

スレート屋根

暦も9月に入り、セミの声も落ち着き静かな朝がやってきました。
残暑と言われていますが日差しも気温もまだまだ暑く、台風もやってきます。

塩分水分、たっぷり摂ってくださいね。

本日はいままで見てきた代表的な3つの屋根材の最後のひとつ、「金属屋根」を見ていきましょう。

金属屋根とは?

アルミニウム・亜鉛合金めっき鋼板で葺かれた屋根のことで、近年は防食性の高いガルバリウム鋼板の一般住宅への使用が増加しています。

その種類は多様ですが、やはり主流はガルバリウム鋼板のようですね。

金属屋根の種類や特徴

pixta_9347662_M-columns1
金属屋根には

カラー鉄板、トタン板、ガルバリウム鋼板や銅板
ステンレス、チタン、アルミ・・・


などなど種類は豊富です。

屋根材としては金属屋根が一番軽量ですので、地震対策にも向いています。
経年劣化にも強く耐久性も抜群。
塗装などのメンテナンスにより、さらに耐久性も高くなりカラーの塗り替えなどが可能なので、イメージを変えたりも出来ますね。

なにより価格が低く抑えられるのは魅力です。
金属屋根のスタンダード、ガルバリウム鋼板。
ガルバリウム鋼板は、鉄合金の板にガルバリウムを多く含んだ金属メッキの加工をしたものを言います。

金属屋根は一般的に錆びやすいのですが、このガルバリウム鋼板は金属でできていますが錆びにくいです。
トタン板は亜鉛メッキなのですが、ガルバリウム鋼板はその数倍の防サビ性があります。

瓦などと比較してかなり軽量です。これはガルバリウム鋼板に関わらずですが、この軽さが建物に負担をかけないので地震に強いのですね。

そしてガルバリウム鋼板はメンテナンスをしっかりすれば20~30年ともつ屋根材です。
メンテナンス不要とは言いませんが、美しい外観を永く楽しめるんですね。

さいごに

今回の金属屋根で、3つの主流の屋根材をザッとですがひとまず勉強してみました。
みなさまの屋根材のチョイスなどの参考になったでしょうか?

家を建てるとき、デザインや構造の大きな要素となる屋根。
雨、風、日差しから守り、災害からも守る屋根。

トータルでお客様の納得できる屋根材選びができるよう、ご参考になさって下さい!