屋根裏の雨漏りの点検を行ってきました。大阪市城東区

【台風21号、台風24号で被災された方へ10/25更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

屋根裏
屋根裏の全体部です。
屋根裏
雨漏りのシミがあります。
屋根裏
少し変色してます。
大阪市城東区で点検へ行きました。

雨漏りがあったので、屋根裏に入り点検を行いました。

上記の写真を見ると、雨漏りのシミがすぐわかります。


カビが生えるまでは湿気も出ていなかったので、良かったと思います。


屋根裏というのは住まれている方も意外と見る機会は少ないようですが


役割としては、断熱材をひくことで、部屋に熱を与えないようにします。

夏の日の屋根裏は60度を超えることもあるので

屋根裏に住むのは難しいと思います。


基本的に雨漏りなどの場合以外は見ることも少ないので


見ると大変なことになってる場合もしばしばあるようです。


木造住宅の場合、木造軸組工法というものが一般的です。


木造軸工法というのは古くから、大工さんや工務店さんが使用される工法です。


木材の柱や梁などの横架材を、接合して小屋組のような形で屋根を構成していきます。


上記の写真もその工法です。


屋根裏を点検するときは、雨漏り以外にも

・ハチの巣などの害虫がいないか。

・換気は出来ているか。

・部屋の熱が屋根裏へ逃げていないか。

などが重要です。


ちなみに屋根裏へ上る時に天井部分の乗るのは危険なので
一般の方はやめたほうが良いです。

天井が落ちると大変です。


雨漏りもご自身で修理や対策するのは危険なので避けましょう。

よくバケツを置いて対策している風景思い浮かびますが

雨漏りは放置するとカビになり

家全体が腐敗する原因につながります。


早急に屋根の瓦などの修理を行うのがベストです。


屋根裏には部屋の熱を逃がす性質もあるので

カビや湿気が起こると部屋の熱が逃げず

夏になるとエアコンの効きが悪くなったり、部屋が暑くなるので

点検は必須です。


断熱材なども置くようにしましょう。

一番良い状態は、換気をして断熱材と防水シートなどを貼っておくことです。



外側の屋根も大切ですが、内側もこまめに点検を行うのが大切ということです。

街の屋根やさん大阪では雨漏りなどの屋根点検も行っています。

雨漏りなど屋根トラブルでお悩みの方、

ご相談はお問い合わせページかお電話にてお気軽にお問い合わせください。

雨漏りなどの屋根点検についてはこちら