のし瓦と漆喰の点検を行ってきました。大阪市城東区

【台風21号、台風24号で被災された方へ10/25更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

漆喰
のし瓦を支える土台を保護している漆喰です。

漆喰
傷んでますね。
今回は、大阪市城東区の屋根を点検してきました。
雨漏りをしているとのことです。

まずは屋根の調査を行いました。

上記の写真はのし瓦とのし瓦を支える土台を保護する漆喰です。

のし瓦とは屋根の棟(頂点)に積まれている瓦のことです。
ちなみに一番上のドーム状の瓦は「冠瓦」といいます。

この冠瓦と熨斗瓦(のし瓦)を二つ合わせて棟瓦とも言います。



のし瓦の役割としては雨が降った時に屋根の棟に来る雨水を表側と裏側へ流す役割があります。


のし瓦の使用法としては瓦自体を半分に割って使い、隙間に土台と漆喰を入れます。


実はのし瓦はよく空手なんかでやる瓦割りに使われる瓦です。


のし瓦はもともと製造工程で中心に線を入れてます。
なので綺麗に真っ二つに割れます。


普通の屋根に使う瓦は割れないので瓦割りには使われません。

使うと危険なようなので使わないようにしましょう。

こののし瓦自体は非常に丈夫な製品で、基本的には劣化しづらく
100年近くは耐用年数があるといわれています。


ただし瓦を支える漆喰は劣化します。


漆喰は瓦を支え、防水性や瓦のすべり止め昨日があるので
劣化してそのままにすると、雨漏りや瓦がすべり落ちたりする原因になります。


上記の写真のように傷んでくると雨漏りを起こして漆喰を詰めなおす必要が出てきます。


変色程度なら大丈夫ですが、カビやひび割れが発生するとリフォームの必要が出てきますね。

雨漏りや屋根裏に水が入ると、家にもカビが発生したりするので、そうなるとさすがに大変です。


今回はお客様から雨漏りがあるのでということで無料点検のご依頼を頂いたので
上記の写真を見ていただきご説明させて頂きました。

雨漏りをするとカビや屋根の腐敗の原因にもなるので
早めの点検と工事をおススメします。

マックスラインでは無料点検を行っておりますので
気軽に点検のご依頼を下さい。