屋根しいっくいとは?

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/20更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

屋根しっくい
シマダ物産株式会社の屋根しっくい

しっくい(漆喰)とは、瓦や石材の接着や目地の充填、壁の上塗りなどに使われる、

水酸化カルシウム(消石灰)を主成分とした建材です。

瓦屋根では、瓦の接着や固定にしっくい(漆喰)が用いられています。


今回ご紹介します「シマダ物産株式会社の屋根しっくい」は、

白セメントを系を主成分とした水硬性(水と反応して硬化)であり、

寒水石、防水剤、スサ、粉末樹脂等を完全配合された理想的なプレミックス剤です。


●耐久性の向上

●収縮率の低減

●チリ切れが発生しにくい

●防水効果のアップ

●剥離防止


などの特徴があります。


セメントをベースの主成分にすることで、

強度、付着力、耐久性に優れています。

従来のしっくいは空気中の炭酸ガスと反応し硬化しますが、

シマダの屋根しっくいは水硬性なので気候変化などに強い製品となっています。