屋根しいっくいとは?


屋根しっくい
シマダ物産株式会社の屋根しっくい

しっくい(漆喰)とは、瓦や石材の接着や目地の充填、壁の上塗りなどに使われる、

水酸化カルシウム(消石灰)を主成分とした建材です。

瓦屋根では、瓦の接着や固定にしっくい(漆喰)が用いられています。


今回ご紹介します「シマダ物産株式会社の屋根しっくい」は、

白セメントを系を主成分とした水硬性(水と反応して硬化)であり、

寒水石、防水剤、スサ、粉末樹脂等を完全配合された理想的なプレミックス剤です。


●耐久性の向上

●収縮率の低減

●チリ切れが発生しにくい

●防水効果のアップ

●剥離防止


などの特徴があります。


セメントをベースの主成分にすることで、

強度、付着力、耐久性に優れています。

従来のしっくいは空気中の炭酸ガスと反応し硬化しますが、

シマダの屋根しっくいは水硬性なので気候変化などに強い製品となっています。