ローラー塗りの特長

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/20更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

外壁塗装

外壁の塗装をする際は、スプレーにより吹き付け塗装をする場合と

ローラーや刷毛で手塗りする塗装の2種類があります。

その中から「ローラー塗り」の特長を今回はご紹介しようと思います。


刷毛塗りについてはこちら


屋根塗装

外壁塗装や屋根塗装で一番一般的に使用されるのがローラーです。

塗装全体の8割はローラーを利用しています。

刷毛塗りよりも施工時間が短縮でき、

スプレー(吹き付け)より塗料の飛び散りやムラを防げます。

コロコロと転がすだけで、簡単にきれいに塗装することができます。

ローラーとは耐水性のある硬い紙や合成樹脂の円筒に、羊などの動物の毛や合成繊維をまきつけたもので、

ローラーハンドルにローラーをセットして使用します。

高い場所などはつぎ柄をして使用することもできます。


安い良くないローラーを使用するとローラー表面のうぶ毛が取れてきてしまったり、

塗料の跳ね返りがあったりします。

また使い古したローラーをもったいないからと使用していると、

塗料の吸い込みが悪かったりという不具合がでてきます。

新しくて良いローラーを使用するいことで、きれいに塗装が行えます。




■羊毛ローラー(ウールローラー、ウーローラー)

羊毛ローラーとは、羊の毛のようにやわらかい繊維で出来たローラーで、

マイクロファイバーを使用した、マイクロファイバーローラーも同様です。


今ある模様をつぶさずに、そのまま塗ることができます。

短毛、中毛、長毛の3種類に分けられます。

短毛ローラー 5mm前後 平滑な面を塗りやすいローラー。 目地などのへこんだ部分を塗りたくない場合にも使用します。
中毛ローラー 13mm前後 短毛と長毛の間のローラーなので、 いろいろなところに使用できます。 短毛で濡れない凸凹のある面は中毛を使用します。
長毛ローラー 20mm以上 中毛よりもさらに凸凹している面に使用します。 タイルを溝ごと塗りたい場合には最適です。


■砂骨ローラー(マスチック、多孔質、パターン、スポンジ)

たくさんの空洞が中にあることで、塗料をたくさい吸い上げる事ができるローラーです。

塗料を分厚く塗りたい時や、粘度が高い塗料を塗る時に使用され、

羊毛ローラーと使い分けてよく使用されるローラーです。



ローラーは早く転がすと、塗料の飛び散りや液垂れの原因となるため、

ゆっくりと軽く押し当てながら、大きく動かしていきます。

また、塗料をつける際、空気を含むと塗面に気泡が入りキレイに仕上がらない為、

塗料を付ける際、ローラの空気を抜くことも大事な工程と言えます。