屋根の形 切妻屋根と寄棟屋根

【台風21号、台風24号で被災された方へ10/25更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

切妻屋根

「屋根」っと言っても、様々な形の屋根があります。

その屋根の形には名前があるんですよ。

今回は一般的に多い切妻屋根寄棟屋根について

ご紹介していこうと思います。


切妻屋根(きりづまやね)

切妻屋根(きりづまやね)は日本で最も多い、一般的な屋根の種類になります。

三角屋根と聞いて思いつく屋根はおそらく切妻屋根でしょう。

本をふせておいたような形の屋根のことで、左右に四角形の斜面を取り付けた

隅棟のない屋根のことです。

漫画やイラストなどでよく描かれているのが切妻屋根です。

メリット
・構造が複雑ではない為、工事費用が安価
・雨を素早く排水する形状として一番良い
・雨漏りがしにくい
・瓦を用いた和風やスレート屋根などの洋風、どちらにも合う(どの屋根材でも使用可)
・ソーラーパネルの設置がしやすい(しかし東西向きだと不向きである)
デメリット
・一般的な屋根の形なのでデザインが同じ家が多く個性がない
・ケラバ側の壁面に太陽や雨が当たりやすい(外壁が劣化する可能性が高い)

4方向に傾斜面がある屋根で、切妻屋根の次に多い屋根の形です。

切妻屋根を少しお洒落にしたモダンな屋根というイメージですね。

寄棟屋根は三角形2枚と台形2枚で構成されており、方形屋根は三角形4枚で構成されています。

大棟があるかないかによってこの二つの形に分かれます。大棟があるのが寄棟屋根です。


メリット
・台風など風に強く、耐風性が高い
・どの方向からみても屋根が見える為、デザイン性が良い
・雨や雪を流れる方向を分散することができる
デメリット
・棟部分が少し複雑な為、雨漏りの可能性が高くなる
 (特にY字になる「かき合い」の部分)
・屋根面積が多くなる為少しコストがかかる
・ソーラーパネルの設置が難しい場合がある
・屋根裏のスペースが小さい

屋根の形は他にも片流れ屋根、陸屋根、入母屋屋根、招き屋根など

まだまだ多くの種類があり、

そのそれぞれの形状によってメリットやデメリットがあります。

屋根の選び方としては、デザインはもちろんですが、

どこのメリットを重視するかという点で重点を置いて選ぶと良いかと思います。

コスト面や雨漏り、換気や屋根の面積など、それぞれの屋根の特長を良く知る必要があるでしょう。