垂木は屋根材によってサイズが違う?その理由とは?

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/20更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

垂木

垂木(たるき)とは、野地板の下にくる屋根の建材のことで、野地板を支えるための構造材です。

屋根の一番高い場所にある「棟木(むなぎ)」と軒先の「桁(けた)」の間に取り付けられる長い木材です。


屋根面に凸凹ができると屋根をきちんと葺くことが出来ない為、垂木は大事な役割を担っています。

屋根面がゆがむと当然雨漏りの可能性も高くなりますし、風などの影響で屋根が壊れやすくなります。

三角屋根の家では垂木は必須となります。



必ずこの屋根にはこの寸法でないとダメだというわけではありませんが、

垂木の標準的な寸法は「幅4.5センチ×高さ6センチ」となります。

スレート屋根やガルバリウム鋼板などはこの標準的な寸法となりますが、

瓦屋根の場合は「幅6センチ×高さ7.5センチ」となります。


また、軒の出が長い場合にも寸法が変わります。

スレート屋根など標準的な寸法の場合は「幅4.5センチ×高さ7.5センチ

瓦屋根の場合は「幅6センチ×高さ10.5センチ」とかなり大きくなります。


何故屋根材や軒の出の長さによって寸法が変わってくるのでしょうか。


スレート屋根と瓦屋根の違いは「重さ」です。

垂木は厚さと高さを増すことで強化されます。

また軒部分は、垂木だけで支えている(下支えがない)ため

どうしても屋根材や野地板の重さで垂木が垂れ曲がる可能性があるため、

軒の出が長くなる分、強化する必要があるため寸法が変わります。