外壁塗装の人気カラーと色選びについて


外壁塗装

外壁塗装をする際、色選びに悩まれる方も多いと思います。

どんな色が人気なのか、色によって違う見え方などをご紹介します。


■クリーム系

外壁塗装で一番多く目にすることがあるのは、ベージュなどのクリーム系のカラーではないでしょうか?
近隣住宅や庭の緑などともぴったりで馴染みやすい周りと調和が取りやすいカラーで一番人気です。
暗すぎず、明るすぎずで、木に近い色合いで温かみもあり、
白だと汚れなどが目立ちやすくなってしまいますが、クリーム系であれば大丈夫です。


■ピンク系(暖色系)

派手な濃いピンクではなく、薄いピンクや落ち着いたピンクなどは意外に人気です。
暖色は暖かみがある色でアットホームな印象を与えてくれます。


■グリーン系(寒色系)

寒色系はクールな印象を与えてくれますが、その中でも青などに比べると
グリーン系はリラックス効果があり、安心できる和やかな気持ちにさせてくれる色です。


■原色系はNG

原色系は周りと調和をとることも難しく、赤や青などの濃い原色の場合は
経年劣化により色あせや変色が起こりやすく、
色褪せや変色が起きる事で、古びた印象を与えてしまいます。


屋根塗装の色の選び方の記事でもご紹介しましたが、

人間の目には「錯覚」というものがあり、影や光の当たり具合などによって

色の見え方が変わってしまったりします。

その錯覚のひとつで、「面積効果」というものがあり、これは同じ色でも面積が大きくなると

暗い色はより暗く、明るい色はより一層明るく見えてしまうというものです。

またカラーサンプルなどを見て検討することになると思いますが、

外壁には太陽の光が当たり、家の中でサンプルを見た色では、実際の色と異なって見えてしまいます。

カラーサンプルを見るときは屋外に出て見え方を見てみるといいでしょう。


膨張色や縮小食など聞いた事がありますよね?

洋服などを選ぶ際、淡い色はどうしても膨張して見えてしまい選びたくないなんて方も多いでしょう。


外壁の場合は、淡い色を選べば家が大きく見え、

黒や寒色のひきしまった色を選べば家がスマートに見える分、お庭が広く見えます。

こうした目の錯覚を利用して、お家の見せ方を変えることができます。