外壁塗装や屋根塗装、足場は必要?

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/20更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

足場

外壁塗装や屋根塗装をする際に、足場が組まれ足場費用が含まれますが、

足場って必要なの?っと疑問に思う方もいると思います。

結論から言ってしまうと、足場は必要です!!


脚立を使用したり、上からつるして塗装をすることはもちろん不可能ではありませんが、

そのような不安定な状態で塗装を行ってしまうと、

完璧な塗装ができなくなり、せっかくの塗装も無駄になってしまいます。

満足のいく塗装にならず、塗りのこしやムラ、ピンホールなどのトラブルに発展しかねません。

足場によるトラブルは意外と多いのです。


■単管足場

単管という丸い2本のパイプを抱き合わせて組み立てる足場。

パイプ2本の上を足が乗るので、パイプとパイプの間に足を滑らせると事故になりかねく

集中力や意識をしないと大変危険な足場にはなります。

どうしても幅がとれなかったりする場合に使用します。


■単管ブラケット足場


単管パイプにブラケットという金物を取り付け、足場板を敷いた足場です。

よく目にする一般的な足場ですね。

足を乗せる板がある為、バランスもとれて作業がしやすいです。

足場はしっかりしますが、組み立てに時間がかかったり、ボルトなどに不備があると

揺れやすくなってしまうなどのデメリットもあります。


■クサビ(ビケ)足場

最近よく使用される足場で、ブラケットを差し込んでいく足場で、

単管ブラケットよりも足を乗せる板の幅も広く、ハンマーで固定して組むので

揺れなども軽減される足場です。