屋根の苔(コケ)や藻・カビの発生原因とは?


スレート瓦に苔

屋根は普段あまり目につかないために劣化に気づきにくいこともありますが、屋根に苔(こけ)や藻、カビが生えるのはご存知ですか?

ひどい時には草が生えるなんてこともあります。

屋根が上記の写真のように赤っぽくなっている場合は藻、黒ずんでいる場合はカビが発生しています。
南が日当たりが良いのに対し、北だったり、隣の家で隠れていたりするなど陽が当たりにくい場所が屋根にもあります。
そういう条件の場所などには、藻や苔が発生していることが多くみられます。

またスレート屋根やガルバリウム鋼板などの場合は築10年もすれば恐らく藻や苔、カビなどが発生しており、塗り替えなどのメンテナンスが必要になります。

苔が生えてきたから塗り替えをしなくちゃいけないかと言うと必ずそういうわけではありません。
藻や苔が生えているだけでは、美観を気にされない場合であれば、屋根には特に被害はありません。

ですが、その状態が何年も続いてしまうとずっと湿気を含んだような状態となるため塗装や屋根は確実に劣化していきます。
まだ10年もたっていない場合であれば藻やコケの場合は高圧洗浄で屋根の掃除をすればきれいになることもあります。

屋根の状態などが気になる方は一度業者に点検をお願いされることをおすすめします。

コケや藻を長い期間放置していると、屋根自体がもろくなってしまい、屋根を歩いただけで割れてしまうなんてこともあります。

そうなると葺き替えなどが必要となり、費用がかさむ為、早めのメンテナンスや点検をされるのが良いでしょう。
高圧洗浄

弊社でも無料で屋根点検、お見積りしております。

屋根の藻や苔が気になる方、お悩みの方は

メールやお電話にて、お気軽にお問合せください。