クラックを防止する弾性塗料とは?

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/20更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

外壁塗装

モルタル壁はどうしてもクラック(ひび割れ)が発生しやすいとされているため、

クラックが起こりにくいように、弾性塗料が開発されました。

ゴムのような性質であることからひび割れに強い外壁を作ります。


逆にアクリル、ウレタン、シリコン、ラジカル、フッ素などの塗料は硬質塗料といい、

塗った後に固まるように出来ています。


弾性塗料と比べて、硬質塗料は外壁の動きについていけず、

クラックが起こりやすいと言えます。


紫外線や湿気により、外壁がひび割れようとする動きに、塗膜も一緒に動くような性質があるため

ひび割れを防ぐことができます。

一緒に動ける幅が大きい塗料を「高弾性塗料」、少し動ける塗料のことを「微弾性塗料」といいます。

弾性塗料が20度で120%以上の伸び率があるのに対し、微弾性塗料の場合は20度で50~90%ととなります。

現在は微弾性のものが主流となっています。


モルタル壁は元々とてもひび割れが起こりやすい素材で、そこに硬質の塗料を塗ってしまうと

最高級のフッ素であってもひび割れを起こす場合があります。

そこで中でひび割れが発生しても、外にひび割れを見せない、

外壁下地に亀裂が入ったとしても、塗膜が伸びてヒビを埋めてくれる弾性塗料が使用されます。


弾性塗料は分厚く塗らなけばひび割れの可能性が上がります。


弾性塗料は耐用年数が低い事がデメリットとしてあげられます。

工法によっては耐用年数があげれることもありますが、

短いものでは5年ほどしかもたない場合もあります。

20年もつと言われているフッ素塗料をせっかく使用したのに、ひび割れが起こってしまっては

高額な工事費用もかかってしまいもったいないです。

しかし素塗料に弾性硬化剤を混ぜて、弾性塗料として使用する場合もあり、

それでもフッ素よりは耐用年数が下がってしまいます。


また弾性塗料はサイディングボードで使う事が出来ないと覚えているといいでしょう。

もしも使おうとしている業者がいれば、悪徳業者でないかしっかり見極めましょう。

サイディングボードは80度近い高温になり、高温となると塗料が柔らかくなりすぎてしまいます。

そうすると膨れなどが置き、外観をそこなう形となります。

微弾性塗料に関しては2~3年ほどで弾力がなくなり、硬くなります。