弾性塗料の工法~複層弾性塗料・単層弾性塗料・微弾性塗料~



ゴムのような性質を持った、クラック(ひび割れ)を防ぐことができる弾性塗料。

弾性塗料は通常の塗料の10倍も伸びます。


弾性塗料に関する記事はこちら
「クラックを防止する弾性塗料とは?」


今回は弾性塗料の工法についてご紹介します。

c3646b2dcee0c2140b97225f7e386b21

単層弾性工法

1.下塗り(シーラー)

2.上塗り塗料(1回目)

3.上塗り塗料(2回目)


単層弾性工法はこの3工程で仕上げます。

上塗りを2回塗ることで弾力性を出すことができる工法で、確かにひび割れには強くなりますが、

複層弾性工法と比べると、弾性力は3分の2以下となります。

また防水性も複層弾性工法に比べると弱まります。


d4cb27d6d44638e978ae63b1e1ebd66a

複層弾性塗料

1.下塗り(シーラー)

2.高弾性の中塗り塗料(1回目)

3.高弾性の中塗り塗料(2回目)

4.上塗り(1回目)

5.上塗り(2回目)

複層弾性塗料の場合は、5回の工程に分けて仕上げます。

塗膜が厚く、防水性に優れていて、

弾力性は8~10年もつとされていて、複層弾性工法こそが「弾性塗料」です。

しかし、材料費や人件費がかさむことで、費用も高額になり一般的な住宅で施工されることは少ないです。


上塗りはグレードが自由に選べます。(ウレタン、シリコン、フッ素など)

d380b75347f9934dea972496391cc444

微弾性塗料

1.微弾性フィラー

2.上塗り(1回目)

3.上塗り(2回目)


微弾性工法はこの3工程で仕上げます。

下塗りをシーラーの代わりに「微弾性フィラー」という厚みがつけられる下塗り材を塗ります。

厚みがつけられますが、密着性はシーラーよりも悪くなります。


複層弾性と同じく、上塗りはグレードが自由に選べます。

微弾性フィラーは粘度が高い下塗材のため、細かいひび割れ等は埋めてしまえます。

「微」弾性のため、複層弾性塗料は10年もつとは言えません。