オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください

箕面市|大屋根&下屋根「棟の積み替え工事」の施工例

大屋根の降り棟の様子です。

台風で棟瓦が飛んで行ってしまってます。

昔の屋根は「土葺き工法」と言って、瓦の下に土が葺いてあります。

中の土も水に濡れて、土が流れていっておりました。

土量も少ないと簡単に瓦がガタつき、ズレ易くなります。
土の代わりにしっくいの役割を果たす「白いなんばん」が使用しました。

なんばんの上に「のし瓦」を載せ、その上に丸瓦を載せます。瓦をくくる銅線は新しい物に代えます。


こちらは、大棟瓦です。のし瓦がズレて、ガタガタのなっていました。水は上から下に流れていきます。のし瓦はハの字になって水が下に流れる様に積まれているのですが、のし瓦が崩れてくると、棟の中に水が入り、雨漏りしやすくなります。

この工事と同じ工事を行った現場ブログ

  • 街の屋根やさん10のお約束
  • 不安ゼロ宣言
  • リフォーム瑕疵担保保険JIO
  • 充実の長期保証
  • マイスター制度
ここまでやります無料点検
お住まいの地域の屋根工事会社が見つかる街の屋根やさんポータルサイトはこちら
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら大阪吹田店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!
0120-1123-41