オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください

吹田市 瓦修理 トラブル発生の瓦をプロが修理いたします!

ガタガタに崩れた瓦屋根の棟
修理前の瓦屋根です。
 
瓦屋根の頂上にあたる棟(むね)に設置された瓦がガタガタにずれているのが分かりますね。
 
これでは、瓦の落下・飛散だけではなく、内部に雨水が入り込み雨漏りに発展する恐れもあります。
修理後の瓦屋根
屋根のプロによる最適な修理で瓦を健全な状態に戻せました!
 
「たった一枚の瓦の飛散」
 
放置し続けることで考えられるリスクは「さらなる瓦の落下・飛散」「雨漏り」「瓦のズレの拡大」などがあります。
 
また、落下した瓦が通行人に当たる可能性も。
 
経験豊富な屋根職人の修理は雨水の流れを計算し、最適な方法で施工されています。
 
瓦の不具合は放置すると徐々にズレや歪みが拡がっていく可能性が高いです。
 
なるべく早めに修理をすることで被害も費用も最小限に抑えられます。
葺き土が露出し雨漏りの可能性がある棟瓦
修理前は雨漏りの心配もありました。
 
修理方法は、「棟の積み直し」「棟の積み替え(防災棟)」が最適ではありましたが、お客様のご予算・ご希望を考慮し話し合いを進めた結果、修理方法として「ラバーロック工法」を採用しました。
ラバーロック工法で修理した棟瓦
ラバーロック工法による瓦修理は、「費用を比較的安く済ませられる」「瓦の落下防止効果がある」「修理にかかる期間が短く済む」というメリットがあります。
 
ただ、ラバーロック工法には「屋根知識のない業者が施工すると雨漏りにつながる恐れがある」「美観を損ねる」「解体に手間がかかる」などのデメリットも。
 
お客様の屋根と現状を実際に無料調査した上で、プロが最適修理方法をご提案させていただきます。
 
お気軽にご相談くださいね!
 
 関連ページ 
 
漆喰が劣化した瓦屋根
屋根に施工された漆喰が剥がれて亀裂が入っています。漆喰の剥がれは「見た目の問題」と思われがちです。

しかし、放置し続けることで屋根内部への雨水浸入へと発展します。そうなれば内部の腐食が進行し、状況によっては部分的な修理だけでは済まないケースも。
漆喰修理で復旧した屋根
漆喰が剥がれいた瓦まわりの詰め直しによる修理施工が完了です。

古くなった漆喰を手作業で丁寧に取り除き、内部の傷んだ葺き土も除去して下地から施工し直しています。

この工事と同じ工事を行った現場ブログ

  • 街の屋根やさん10のお約束
  • 不安ゼロ宣言
  • リフォーム瑕疵担保保険JIO
  • 充実の長期保証
  • マイスター制度
ここまでやります無料点検
お住まいの地域の屋根工事会社が見つかる街の屋根やさんポータルサイトはこちら
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら大阪吹田店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!
0120-1123-41