屋根リフォームの相見積もり、その必要性と正しい活用法


 屋根の工事や補修、屋根リフォームなどを行う場合、複数の業者からお見積もりを取ることを相見積もりと言います。さまざまな業者からお見積もりを取ることによって、金額や条件を比較し、ご自身にとって最適なものを選ぶためです。
パソコンで業者を探す夫婦
 食材や家電を購入する際、ほとんどの方が折込みチラシやインターネットで価格やその性能などを比較するのではないでしょうか。基本的にはこれと同じことです。屋根工事などのリフォームでも一般的に行われていますし、さまざまなサイトにも「屋根リフォームでは相見積もりを取って、複数の業者を比較・検討しましょう」と掲載されています。
 複数の業者を比較し、検討できるというのは大きなメリットですよね。 
価格の比較だけが相見積もりの役割ではありません
 相見積もりが一般的と言っても、お客様の中には「お見積もりしてもらったのに、お断りしてしまうのは失礼なのでは」と考えられる方もおられると思います。それが業者のお仕事とはいえ、確かに何となく申し訳なく思ってしまうことも事実です。

  そういったことを踏まえた上でまずは相見積もりのメリットとデメリットを見ていきましょう。
相見積もりのメリットデメリット
 よく「相場を知ることによって、適正な価格かどうかを判断するため」それが相見積もりの必要性だと語られます。しかし相見積もりはそれだけではありません。
 屋根リフォームにおいて最も重要な信頼できる業者かどうかを調べることができる機会でもあります。お家で最も重要な部分である屋根だからこそ「地域密着」の「優良業者」に頼まなくてはなりません。お見積もりを頼んだ業者が優良かどうかをサイトに掲載されている実績や施工事例、お客様からの評価だけでなく、実際に体験できる機会と考えてください。相見積もりは価格を比較するためだけのものではないのです。
相見積もりのメリット
相見積もりのデメリット

屋根工事の種類によっては相見積もりに向かないものもあります

天災の影響を受けた場合など緊急を要する工事は相見積もりに向きません
 屋根は天災の影響を極めて受けやすい部分です。『地震などで瓦がずれた・落下した』、『台風などの強風で棟板金が剥がれた』、『雨漏りが発生した』などは相見積もりに向かない工事です。
 これらはいずれも緊急性の高いものであり、すぐにでも補修しなければなりません。
 複数の業者が点検を行い、お見積もりが出揃うまではどうしても時間がかかってしまいます。それまで良好な天候が続くという保証はどこにもないからです。
 相見積もりが可能なのは雨漏りが発生しておらず、屋根としての機能を保っていることが条件となります。

相見積もりのメリットの詳細を見ていきましょう

 同条件で複数の業者にお見積もりを頼んだ場合でも、金額はそれなりに差がでてきます。しかし、金額が倍近く違うということはありえません。やたらと安かったり、高かったりする業者は優良業者ではない可能性が高いのです。
 優良業者どうしで相見積もりになった場合、「私達の方が納得のいく価格でお客様に絶対のご満足のいく工事ができる!」というプライドを持っています。金額面でも、サービスでも期待できるということです。
契約するかはお見積りが出そろってから決めたい
 中には契約を急がせる業者もいるでしょう。そういった業者には「他の業者からもお見積もりを頼んでおり、まだ貰っていません」ということを理由に待ってもらうこともできます。
 「お見積もりが出揃ってから、家族全員で検討したい」と伝えるのもいいでしょう。
 相見積もりで最大のメリットとなるのがこれです。点検や調査に来た業者がどんな対応するのかを見ることができるのです。
屋根の点検風景
 お家や敷地の広さによりますが、屋根にのぼって各部分をデジカメなどで撮影しながら、1時間近くをかけて見てくれる業者もいます。
  反対に屋根にのぼらず、お家の周囲からをちょっと見上げただけで10分もしないうちに終了してしまう業者もいます。
 どちらが信用できるかと言えば、圧倒的に前者ですよね。業者が点検に訪れる際はできるだけ在宅時に来てもらいましょう。
無料点検はこちら

続いて相見積もりのデメリットの詳細を見ていきましょう

業者によってお見積りの書き方が違っていてどの業者を選ぶべきか迷ってしまう
 シンプルなお見積もりもあれば、詳細なものもあり、中には見るのが辛くなるような大量の項目が並んでいるものもあります。実測で屋根の面積を計測している場合はその数値が業者ごとに微妙に異なっている場合もあります。
 図面などではなく、手で屋根の面積を計測した場合、どうしても誤差が生じてしまいます。その数値の差が大きくなければ問題ありません。
 相見積もりということが分かるとやる気をなくし、点検や調査を適当に済ませてしまう業者もいます。モチベーションが低下し適当な仕事で良しとしてしまうのはプロとしては失格です。逆に言えば、「相見積もりですか。負けないように頑張りますので、よろしくお願いします」という業者を見つけるチャンスでもあります。
 相見積もりをお願いしている業者が多すぎると、選択するのにも苦労します。「船頭多くして船山に登る」という諺と同じです。3社程度にしておくのが理想です。
 前述のようにお見積もりを依頼した業者にお断りをするのは気が引けるという方も多いのでしょう。屋根リフォームに限らず、相見積もりが一般的になった現在、業者も断られる可能性があることは分かっています。それほど引け目に感じることはないというのが実状です。
相見積もりをしてもらう業者の選び方
見積り前に必ず業者のホームページを確認しましょう
  屋根はお家において最も重要な部分です。相見積もりをお願いするのであれば優良業者同士でしてもらった方が絶対にいいですよね。
 しかし初めて屋根リフォームをお願いするとなるとどうやって業者を選んだらいいのか分からないという方も多いと思います。
 
 地元に長く住んでいる方に評判の良い業者を教えてもらう、近隣の屋根リフォームを経験したことのある方に評判を聞くという方法もありますが、多くの情報を手に入れるという点でやはりホームページに勝るものはありません。
 お見積りを頼むに値する地域密着の「優良業者」かどうかを確認する手がかりとなるその業者のホームページ。特に次の点に注意して見ていきましょう。
具体的なイメージを参考にできる施工事例は必見です
●施工事例

 その業者は「自分が依頼したい屋根リフォームを行ったことがあるのか」、「どのような工程で行ったのか」はとても参考になります。他の部分が優れていても、自分が望む屋根リフォームの実績がないと、その技術があるのかどうか分かりませんよね。
  施工事例はその業者のサービス力・提案力・問題解決力がわかる材料です。必ずチェックしましょう。
第三者からの純粋な評価が掲載されているのがお客様の声です。
●お客様の声

 実際にその業者で屋根リフォームを行ったお客様の生の声、これを参考にしない手はありません。良かった点だけでなく、悪かった点も掲載されていれば、正直な業者と言えるでしょう。
  お客様ごとに筆跡が違いますから、ご記入いただいた用紙の画像とともに掲載されていれば、かなりの信頼できるでしょう。
施工事例はこちらからご覧ください
お客様の声はこちらからご覧ください
 瑕疵とは欠陥や不具合のことを指す言葉です。リフォーム後、契約と異なる工事がされていたり、工事完了後にすぐ不具合が発生した場合が瑕疵にあたり、これを保証してくれるのがリフォーム瑕疵保険です。
街の屋根やさんは安心のリフォーム瑕疵保険登録事業者です
 リフォーム瑕疵保険へ加入する事業者は保険法人へ事業者登録することが義務付けられています。
 リフォーム完了後、工事箇所や対象となる部分に瑕疵が見つかった場合、その補修費用が登録事業者に支払われるので、その登録事業者が補修を行います。登録事業者が倒産したり、その他の理由で補修ができない場合でも、お客様が補修費用を直接、保険会社に請求することができます。
リフォーム瑕疵保険の詳細はこちら
 施工してもらった部分の不具合に対して、一定の保証期間を設けることはほとんどの業者で行っています。
  その保証、各部位ごとの保証書を発行しているでしょうか。一口に屋根といっても、細かく見てみると、さまざまな建材が使われていることが分かります。さまざまな工事を行った場合、各部位ごとに保証書を発行するのが普通です。
街の屋根やさんでは施工した部位ごとに保証書を発行しています
相見積もりサイトの仕組みを理解しておきましょう
 ネットで「屋根リフォーム」を検索しますと、『屋根リフォーム|地元の優良業者をご紹介』といった広告が表示されます。サイトを訪れ、ご自宅の住所や電話番号、お名前などを登録すれば、地元の複数の業者から一括でお見積もりが取れるというものなのですが、その実態はどのようなものなのでしょうか。
登録事業者がどういった業者か判断する目を持つことも成功の鍵です
  このようなサイトで一番の問題なのはその業者の顔が見えないということです。実際に紹介を受けてもその業者が本当に優良かどうかも分かりません。また、紹介を受けたとしても、ホームページを持っていない業者も存在するので、優良かどうかの判断をするのは難しいでしょう。
 見積もり一括サイトの運営社は業者にお客様を紹介することで手数料を得ています。
工事成功には金額よりもサービス力や技術力が重要です
 さらにその業者がお客様と契約した場合、成約料も業者から徴収します。
  手数料と成約料を負担しているのは業者ですが、その分は結局、お客様の工事代金に上乗せされることになるのです。どの業者もそれなりに広告宣伝費はかけていますし、これらの手数料や成約料をその代わりと考えれば悪いことではありません。

  ただ、見積もり一括サイトに「今ならご契約で最大○万円貰えるチャンス」などと掲載されていると、これもお客様から出ているお金なんだなと考えてしまいます。
相見積もりのマナーについて
 業者が作成したお見積もりを他の業者に見せてもよいものでしょうか。法律上、お客様が他の業者に見せるのは問題ありません。しかし、倫理やモラル的にはNGな行為で、お客様の為にならないことの方が多いのです。
見積書自体を他社に開示することは控えてください
  まず、お見積もりですが、そこには業者のノウハウだったり、建材や人件費など、他の業者に知られたくない情報が詰まっています。それをライバルとなる業者に教えてしまうのは教えてもらった方も「同じことをされるのではないか」と不信感を抱きます。
  また、業者に他の業者の詳細な情報が伝わってしまうと、競争による適正な相場が形成されなくなる恐れもあります。
交渉のために金額を伝えるのは問題ありません
 業者が違っても同価格が提示され、それが不当に高いものであれば、ご自身はもちろんのこと、他のお客様のためにもなりません。
 中には採算の取れない低価格を提示し、工事の途中で変更や追加を繰り返し、代金を上乗せしていく業者が出てこないとも限りません。
  ただし、他の業者の価格を伝えてお値引きなどを求めるのは交渉の範疇です。「私は貴方に工事をお願いしたいので、B社と同じくらいの価格にしてほしい」と話し合うのは何も問題ありません。いずれにせよ、程度の問題ということになりますが、注意しておきたい部分です。

「屋根工事を頼んで良かった」という業者がいる方
「懇意にしている優良業者」がおられる方、相見積もりに拘る必要はありません

信頼できる業者が身近にいる場合は相見積もりの必要はないかもしれません
 前回、屋根塗装などをしており、今回の屋根リフォームが最初ではないという方で「前回、頼んだ業者に大変よくしていただき、とても満足した」という方、「既に懇意にしている親切な業者がいる」という方は相見積もりを行う必要は無いかもしれません。
 
 前回、頼んだ業者に再度、ご依頼するのが正解という可能性も高いのです。「一般的なことだから」と無理に相見積もりを頼んで、変に気疲れしてしまうのも問題です。

  街の屋根やさんも初回はもちろんのこと、次回、それ以降、どんな時でも、どんな屋根工事でもお客様に常にご満足いただける業者を目指しております。もちろん、街の屋根やさんが最初という方も、2回目という方も、相見積もりは大歓迎です。じっくりと他の業者と比較してください。
まずは街の屋根やさんの無料点検を体験してみてください
屋根工事に関することならなんでもご相談ください
 「無料なのにとても詳しく調査してくれた驚いた」、「長い時間をかけて、他の業者が見てくれないところまで点検してくれた」、「お家だけじゃなく、駐車場や物置も見てくれるようリクエストしたら快く応じてくれた」など、お客様にとてもご好評をいただいているのが街の屋根やさんの無料点検です。
  実際に屋根の上にのぼり、点検した箇所と問題のあった部分はデジカメで撮影します。お客様は危険な箇所に近付くことなく、さまざまな部分を画像で確認することができます。

  ご相談やお見積もりも無料で行っておりますので、何でもお気軽にお尋ねください。

無料点検詳細はこちらをご覧ください>>