お客様からよくいただく質問集

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/20更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

目地の部分と思われますが、通常コーキングと言われる物のことをおっしゃっていらっしゃるのかと思います。
弊社では工事の際にお客様にかわって近隣の皆様にご挨拶をさせていただいております。
基本、雨が降りそうなときは着工いたしません。
遠方などを理由に、出張費や交通費などお客様に請求する事は決してありませんのでご安心ください。
トップライトの取り付けは可能です。取り付けの際には、内装工事も絡みますので、小屋組みや室内の状態を調べさせて頂きます。
お仕事で忙しいお客様では仕事場の近くのファミレスや高速道路のパーキングエリアで打ち合わせを行った事も御座います。
外壁通気工法とは、外壁材の裏側に通気層を設け、土台まわりから入った空気を、外壁材の裏側を通して軒裏や小屋の換気棟などから抜く工法を言います。
弊社では安全を考え経験者のお客様でも作業に同行していただくのはご遠慮していただいております。
結論から申し上げますと、施工はほぼ無理だとお考え頂くのがよろしいかと思います。
貫板が劣化していると釘を打ち込んでも利かない場合が御座います。
前回シリコン塗料で塗装をされたそうですが、今回のメンテナンスは『最低でも』シリコン塗料での塗装をお奨めします。
一番簡単な方法は穴の上から防水テープを張ってしまう事だと思います。

  • 屋根・外壁塗装
  • その他の質問
外壁塗装用の塗料とボイラーなど高熱にさらされる物への塗料は根本的に違いますので物理的に塗ることは可能であっても、お奨めはできません。

  • 屋根葺き替え
  • 屋根カバー工法
  • その他の工事
お勧めする屋根材は、ジンカリウム鋼板のエコグラーニが御座います。
サイディングの劣化を早め雨漏りなどの原因に繋がります。