屋根リフォームするなら地震に強い屋根にしてみませんか

屋根を軽量化することによって減震性・耐震性UP!
 まずは写真をご覧ください。これは2011年3月11日の東日本大震災で被災した屋根の様子です。 こちらのお住まいは棟瓦が倒壊し、違うお住まいでは多数の瓦が周りに落下しました。

  実は一方で、同じ被災地でも家屋にほとんど被害を受けていないお住まいもあります。この違いは何なのでしょうか。
被災による棟瓦の崩壊
被災による瓦の落下
その答えは屋根の軽さです!
被災時に無事だったお住まいの屋根
 屋根の重量によってお住まいの耐震性は激変します。見た目だけでも、「瓦屋根は重そう」というイメージを受けると思います。スレートや金属の屋根は軽そうです。屋根の重さは一般的に次のようになっています。
一般的な広さの家屋(100㎡、30坪)の屋根材別重量図
地震時の揺れは家の重心の位置に大きく影響を受けます
地震時の揺れは家屋の重心の位置に大きく左右される
屋根が重いと重心が高く揺れが大きい 屋根が軽いと重心が低く揺れが小さい
 地震時の家屋の揺れはその重心位置に大きく左右されます。屋根が重いと必然的に重心位置も高くなってしまうため、不安定さも増します。そのため、揺れも大きくなってしまうのです。 また、実際の揺れでは先端になればなるほど遠心力が大きく働くため、重さの数倍以上の力が加わることになります。

 つまり、軽ければ軽いほど、重心の位置も下がり、減震も期待できるのです。
瓦屋根から金属屋根に葺き替えた場合の耐震性能
 建築基準法には一般住宅の耐震基準が定められており、その目安となるのが耐震等級です。等級2、等級3と上がるほど耐震性が高くなります。各等級の地震係数は家屋の構造に対する耐震補強性能を表しています。
瓦屋根・瓦以外の屋根の耐震等級図
※記載の地震係数は屋根の種類(瓦屋根もしくはそれ以外)によって各等級を取得するための数値です。
金属屋根に葺き替えることで地震係数はほぼ同じでも耐震等級がアップ!
瓦屋根から金属屋根に葺き替えることで耐震&安心性能UP!
 地震係数とはそれぞれの等級を満たすために必要な耐力壁などの係数を表したものです。
 当然ですが重い物を支えるには柱がたくさんあった方が安定します。地震係数を簡単に言い換えますと、その柱や壁の数と言うことができます。重い瓦の屋根のお住まいで等級3の耐震性能を得たい場合は地震係数分の柱や耐力壁の数が必要となります。 同じ等級の耐震性能でも軽い金属屋根ではその数が少なくなります。 瓦屋根のお住まいは重い屋根を支えるよう設計されていますので必然的にその数が多くなります。瓦屋根のお住まいを金属屋根に葺き替えた場合、既存の柱や壁はそのままで屋根の重量は10分の1になりますから、確実に耐震性能はアップします。
地震対策には軽くて強い金属屋根が最適!
近年の金属屋根はデザイン・遮熱・防サビ・消音など優れています
 前述の通り、一般的な家屋で用いられる屋根材で一番軽いのは金属です。瓦屋根の約10分の1という驚異的な軽さです。瓦と違い、一枚一枚を屋根に積んでいるわけではないので、地震時に落下する危険性もありません。強風で飛ばされる心配もありません。

 金属屋根は「暑い」、「雨音がうるさい」、「安っぽい」など、ネガティブなイメージを持たれている方もいらっしゃるでしょうが、それはもう過去のことです。近年のものは予め遮熱塗料を塗布しているものもありますし、消音性に優れているものもあります。またデザインも多彩で安っぽさとも無縁です。また、ほとんどの製品がガルバリウム鋼板から造られていますので、サビに強いことも特徴です。
ガルバリウム銅板とは鉄・アルミニウム・亜鉛・シリコンの合金をメッキしたもので防食性に優れています