ファインパーフェクトベスト│ラジカル制御塗料で屋根塗装


ファインパーフェクトベスト188,000円~※総二階屋根面積60㎡まで
スレート(カラーベスト・コロニアル)屋根の塗装にお薦めです!
屋根の施工写真
 お家の中で最も過酷な環境に晒されている場所と言えば、間違いなく屋根です。

 日本では約3日に1回、雨が降ります。冬になれば霜も降りますし、雪も降ります。暑い夏は表面温度が80℃に迫ります。寒い冬は氷点下になりますし、地域によっては頻繁な降雪にも晒されることでしょう。塗膜を傷める紫外線の量も半端ではありません。

過酷な自然環境に立ち向かう耐候性と耐久性こそがファインパーフェクトベストが選ばれる理由!
 屋根塗装の塗料にはこういった過酷な自然に立ち向かう耐候性と耐久性が必要になります。

 「綺麗な屋根をできるだけ長く保ちたい」というお客様の理想を実現する屋根塗装用の塗料が「ファインパーフェクトベスト」です。

 名称の一部である「ベスト」は「カラーベスト」の「ベスト」であり、スレート(カラーベスト・コロニアル)屋根専用であることを示しています(金属屋根にも使用できます)。

ファインパーフェクトベストの最大の特徴

ラジカル制御技術によって紫外線による塗膜の劣化を防ぐ!

紫外線による塗膜の劣化を防いで綺麗を長続きさせてくれます!
 外壁に較べて屋根は絶対的に紫外線に晒される期間が長くなります。紫外線はお肌だけじゃなく、建材も傷めてしまう性質があります。

 スレート(カラーベスト・コロニアル)屋根の表面の塗膜も例外ではありません。塗膜の色の元である顔料、それに含まれる酸化チタンは紫外線を吸収するとラジカルを発生します。このラジカルはさまざまなものを破壊してしまう性質を持っており、塗膜もその対象となるのです。
 その結果がチョーキングなどの塗膜の風化現象に繋がります。

 ファインパーフェクトベストはこのラジカルの発生を制御する2つの仕組みを備えています。
ヨーグルト
 チタンと聞くと高価で丈夫そうな金属を思い浮かべると思いますが、顔料である酸化チタンはかなり身近なものです。
 マシュマロやヨーグルトなど食品の着色にも使われていますし、化粧品や歯磨き粉などにも使われています。

ファインパーフェクトベストの塗膜の劣化を防ぐ仕組み

ラジカルを発生させない2つの機能

ラジカルバリヤーが酸化チタンをコーティングし、ラジカルの発生を防ぐことが出来ます。
 酸化チタンを紫外線が当たらないようにコーティングしてしまえば、ラジカルの発生を防ぐことができます。酸化チタンは白色顔料であり、発色を良くするため、白以外の塗料にも多く含まれています。

 日本ペイントでは酸化チタンをコーティングする技術を開発しました。もちろん、発色には影響しません。
高耐候酸化チタンとラジカルバリヤーが塗膜の破壊を防ぎます。
 酸化チタンに紫外線があたり、ラジカルが発生したとしても、そのラジカルを抑制する物質が待ち受けていれば、塗膜の破壊を防ぐことができます。

 日本ペイントではこのラジカルを抑制する光安定剤を開発しました。光安定剤がラジカルを押さえ込むことによって、塗膜を破壊するという化学変化を抑えます。ファインパーフェクトベストには光安定剤が配合されています。
ファインパーフェクトベストは次のような塗り替えを考えている方にお薦め!

1. 耐久性・耐用年数を重視したい方

シリコングレード(日本ペイント従来品比)を超える優れた耐候性を備えています
 一般的な屋根塗装の耐用年数は外壁塗装よりも短くなり、同じシリコン塗料で塗装した場合でも数年程度短くなります(外壁が耐用年数約10年だった場合、屋根は7~8年程度)。

 ファインパーフェクトベストは紫外線による劣化を防ぐ機能を持っていますので耐用年数も長くなります。

2. 屋根の色褪せを防ぎ、綺麗を保ちたい方

色褪せ、塗膜の劣化を防ぎきれいを長続きさせるのが特徴です!
 塗膜の劣化と色褪せは同時に進行していきます。色褪せイコール塗膜の劣化と考えても間違いではありません。ラジカル制御は色褪せにも効果を発揮しますので、屋根塗装直後の綺麗がいつまでも長続きします。

 もちろん、防藻性・防かび性も備えていますから、藻やカビの発生も防ぎます。

3. 信頼性の高い塗料で屋根塗装したい方

塗料シェア日本一の日本ペイントの技術があらゆる状態の屋根塗装に対応しています
 塗料シェア日本一の日本ペイントが開発・製造した塗料ですから安心感がありますよね。

 また屋根の傷み具合に応じてシーラー(下塗り用塗料)が用意されていますから、傷んでいないスレート屋根から傷みが出ているスレート屋根まで幅広く対応できます。

お客様の気になるところ

「ファインパーフェクトベストって油性(溶剤)だけど、臭いは大丈夫?」

水性よりも臭いはしますが、屋根の上なのでほとんど気になりません!

屋根の塗装写真
 確かに水性よりも臭いは強いのですが、外壁塗装と違って屋根の上での塗装となりますので、それほど気にならないと思います。

 「臭いが心配」という方はご相談ください。