こんな営業トークには要注意

こんな営業トークには要注意
リフォームの結果が出るのはかなり先
 これから屋根工事や屋根リフォームを依頼しようとしている業者、その業者って信頼してよいものでしょうか。実際にその屋根リフォームが成功だったかどうかは保証期間の終わりや一般的な耐用年数を経るまで分かりません。結論が出るのはかなり先のことなのです。 
 信頼できる良い業者か、契約してはいけない悪い業者かは営業トークである程度、判断することも可能です。
 このページで紹介しているようなセリフを業者から聞いたら、契約しないほうが良いでしょう。
不安を煽る営業は要注意
 強風で棟板金が飛んでしまったり、漆喰が剥がれて瓦が落ちそうになっていたりと屋根工事は緊急性が高いものが多くあります。したがって「今すぐリフォームしないと危ないですよ!」というのは時と場合によっては間違いではありません。気をつけなければならないのは次のようなケースです。
今すぐリフォームを!不安を煽る営業マン
 今まで何の不自由もなく暮らしていて、ある日、突然やってきた飛び込みの営業マンに「今すぐリフォームしないと危ないですよ!」と言ってきます。 
 普通に暮らしていたら、ほとんどの方が屋根のことなど考えないし、気にもしませんよね。日常生活の盲点かもしれません。「そういわれれば建ててから何もしないから確かに不安」と思ってしまうでしょう。でも、ちょっと待ってください。
無料でも屋根に上がらせてはいけません
 その飛び込みの営業マン、地上から見ただけなのにそう言ってませんか。屋根って極めて見にくい部分なのに見上げただけでそのような判断が下せるのでしょうか。 
 どう考えてもいい加減なことを言ってますよね。このような飛び込みの営業マンが来た場合、「無料ですから点検だけでもやっておきませんか」と言ってくるでしょう。絶対に断ってください。悪徳業者の場合、屋根を壊して、仕事を取ろうとしますので絶対に屋根に上らせてはいけません。
とにかく契約を急がせる営業トークに要注意
 お住まいをリフォームするなら、どの部分であってもじっくりと考えてから結論を出したいものです。それなのにやたらと契約を急がせる業者もいます。業者としても売り上げを上げたいのでさっさと契約してほしいのは分かりますが、お客様の気持ちも考えてほしいものです。
リフォーム業者の正しい対応
強引なリフォーム業者と契約してはいけません
 「じっくりと考えた上で納得のいくプランでリフォームした結果、大変満足した」というお客様の声が口コミで伝われば、その業者の評判も上がるのではないでしょうか。
 「契約を急がされ、よく分からないうちに工事が終わってしまった」となれば、長期的に見れば業者にとってマイナスのはずです。ましてや今はネットがありますので、このような口コミはすぐに拡散します。
 現在のような状況の中で、契約を急がせる業者は何かしらの問題を抱えていると思って間違いないでしょう。
やたらと値引きする業者に要注意
 どんなリフォームであっても価格をなるべく抑えたいものです。そして大きく値引きされると嬉しいですよね。しかし、上記のように当初150万だったものが80万といきなり半額近くになったら、どうでしょうか。
根拠の無い値引きは適正価格ではない可能性あり
 当初の価格の正しいものだったかどうか、かなり怪しくなってきます。『80万が本当の価格だったのでは?』と疑いたくなりますし、そもそもお見積り自体が不正確だったと考えてしまいますよね。 
 街の屋根やさんでは全国どこでも適正な価格で屋根工事をご提供しています。また、お見積もりもできるだけ正確にお出ししています。やたらと値引きをちらつかせる業者にも気をつけた方が良いでしょう。
デメリットを伝えない提案に要注意
 「お部屋が暗いので天窓を付けたい」というお客様がいらっしゃいます。確かに天窓はお部屋を明るくできますし、夜になれば星空も眺められますから素敵な屋根リフォームです。しかし、屋根に開口部を設けるわけですから、以前よりも頻繁なメンテナンスが必要になります。
契約を優先しメリットばかり言うのは業者失格
 「以前よりも頻繁なメンテナンスが必要」というのはお客様にとってデメリットですよね。このことをしっかりと伝えてくれなければ、お客様は今まで通りで良いと思っていますから、頻繁にメンテナンスは行わないでしょう。こういったお客様にとっては不都合なことでもしっかりと伝えなければ屋根業者として失格です。
 デメリットがお客様に伝わっていれば、しっかりとメンテナンスするでしょうから雨漏りなどのリスクは最低限に抑えられます。