台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう

台風に備えしっかり事前準備
台風シーズンを安全に乗り切りましょう!
 暴風、暴雨、いつもとは全く違う環境に晒されるのが台風です。
 最近は特に上陸時期が初夏から晩秋までと長くなり、個々の台風も大型化しています。被災しないためにはこれまで以上の対策が必要になります。
台風前のCheck!ポイント
危険!屋根には絶対にのぼらないでください!
台風前後の点検は街の屋根やさんにお任せください!
 台風接近時に毎年のように起こる事故、それが屋根からの落下です。大型の台風の際にはほぼ毎回、死亡事故が発生しています。
 また、落下事故に遭い、重い障害を抱えることになる方もいます。接近中はいつ、突風が吹いてもおかしくない状態です。通過後も同様で、突風が吹きやすい状態が半日以上も続きます。
 雨は足元を滑りやすくしますし、屋根に苔が生えている場合はさらに滑りやすくなります。無理や無茶はいけません。点検は地面からの目視程度にとどめましょう。それ以上は私たち、街の屋根やさんにお任せください。
台風対策のメンテナンスを徹底解説
徹底解説 屋根
ひび割れてしまった瓦
ひび割れた瓦を新しい瓦に交換
 瓦、スレート、金属と様々な種類がありますが、どの屋根でも破損(ひび割れ、割れ、欠け)がある場合はその部分の補修や交換をします。瓦やスレート屋根でズレがある場合は正常な位置へと戻します。
徹底解説 棟板金
棟板を固定した釘が緩んでいる
貫板と棟板金を交換ししっかりと固定
 固定している釘が緩み、浮いている場合は打ち込みます。打ち込み時に手ごたえがない場合は下の貫板が劣化している証拠です。その場合、棟板金と貫板を全交換することをお勧めします。
徹底解説 漆喰
劣化し剥がれた漆喰
劣化した漆喰を取り除き新たに漆喰を詰め直す
 剥がれやひび割れなどが確認できた場合は、劣化した漆喰を取り除き、詰め直します。銅線も遊びが出ないよう結び直します。
 劣化が酷く、棟瓦全体が歪んでいる場合は一度、すべて取り外し、新たに積み直す、棟瓦取り直し工事を行います。
徹底解説 外壁
壁面のひび割れが目立つ
ひび割れた部分をコーキングで補修
 壁面にクラックがある場合はコーキングで塞ぎます。クラックが大きい場合は、ひび割れた部分を削ってから、コーキングで塞ぐ場合もございます。
徹底解説 外壁の目地窓周りのコーキング
コーキング部分がひび割れている
劣化したコーキングを取り除き新しく打ち替える
 コーキングが劣化している場合はそれを取り除き、新しいものに打ち替えます。隙間無く、充填し、ヘラで均一に仕上げます。
屋根工事のご相談、お見積り、点検なら街の屋根やさん大阪吹田店にお任せ下さい
7時~21時まで受付中!
0120-1123-41
台風接近前の準備ポイント01:外周りの準備
台風前の準備ポイント:植木鉢やプランター
 強風で飛ばされないように紐で固定するか、お住まいの中に入れましょう。
台風前の準備ポイント:犬小屋など
 風で吹き飛ばされる恐れがあるので、紐で固定するなどの対策をしてください。
台風前の準備ポイント:物置
 風の影響を受けやすいので、しっかりと地面に固定しましょう。また、扉が開くと一気に風が吹き込み、破壊される恐れがあります。開かないようにしておきましょう。
台風前の準備ポイント:雨戸
 しっかりと閉め、鍵をかけておきましょう。
台風接近前の準備ポイント02:室内の準備
台風前の準備ポイント:窓の補強
 雨戸のない部分の窓はテープで補強しておくと安心です。割れにくくなります。
台風前の準備ポイント:カーテンを閉める
 雨戸がない窓はもちろんのこと、雨戸が外れてしまった場合のことを考えて、カーテンを閉めておきましょう。万が一、飛散物が室内へ飛び込んできた場合にも直撃を避けることができます。
 同様の理由から室内では部屋の中央付近にいた方が無難です。
台風接近前の準備ポイント03:非常用品の準備
食料や水以外にも懐中電灯・ラジオなどを用意しておきましょう
 ライフラインの断絶に備えて食料や水の他、懐中電灯、ラジオなどを用意しておきましょう。
 停電時を考えてケータイはフル充電しておきましょう。
写真で学ぶ!実際の台風被害
台風被害:屋根材のズレや割れ、落下
台風被害:棟板金の変形、飛散、落下(台風で一番多い被害)
台風被害:軒天の破損
台風被害:室内への雨漏り
台風対策
 ご契約内容によっては火災保険で被災部分の修繕ができます。保証されるのは火災による被害だけじゃないのです。一度、契約内容をよくお確かめください。
 街の屋根やさんでは火災保険による保証を受けられる場合、その被害申請を100パーセントサポートしますので。不明な点がございましたら街の屋根やさんにご相談ください。
被災部分の修繕ができるか火災保険の契約内容をよくお確かめください
屋根工事のご相談、お見積り、点検なら街の屋根やさん大阪吹田店にお任せ下さい
7時~21時まで受付中!
0120-1123-41
自然災害後にほ悪質業者にご注意ください!
知っておこう!悪質業者の様々な手口
 台風だけじゃなく、竜巻、異常に発達した低気圧などの自然災害のあとには必ずといっていいほど、悪質業者が現れます契約もしていないのに工事を進める、見積りとは全く違う高額を請求するなど、被害が後を断ちません。
 特にご高齢者の一人暮らしは悪質業者に狙われやすいので、気をつけましょう。
悪質手口 ケース1:頼んでもいないのにお住まいにブルーシートをかけ、勝手に工事を勧めてくる
悪質手口 ケース2:非営利団体を装い「ボランティアで無料で点検いたします」と近づいてくる
悪質手口 ケース3:被災していなくても「お住まいに問題があります」と訪問してくる
悪質手口 ケース4:とにかく契約を急がせる
悪質手口 ケース5:「補助金」や「保険金」、「無料」という言葉をちらつかせながら、最終的には高額を請求する
疑問を感じたら、身近な人や窓口などにすぐ相談
 悪徳業者の被害を防ぐには身近な人に相談するのが一番です。消費者センターなどに相談するのもおススメです。
確認事項

不注意が二次災害を招きます

二次災害を防ぎましょう
 台風による死者の中で以外に多いのが、通過直後に水田や用水路の様子を見に行って亡くなるというものです。増水中は用水路と道の境目が分からなくなっており、危険です。
 また、冠水した道路では水圧によってマンホールが外れていても見えません。落下した場合、溺死する可能性もあります。
 台風が通過した後でも屋根が気になるからといって屋根に上るのはやめてください。濡れた状態では足元も滑りますし、通過した後でも半日くらいは突風が吹きます。屋根に上らなくてもお住まいの様子をよく見ようとして、冠水した場所に踏み込むのはヤメてください。前述のように冠水した場所では何があるか分かりません。
 お住まいを点検するのは完全に安全が確保されてからにしましょう。