落雪被害を防ぐ雪止め、後付けできます!!

落雪被害の危険を防ぐ雪止め設置
万一に備えて太平洋側でも雪対策は必要です
 温暖な地域では雪止めを設置していないお住まいもかなり見ることができます。
 確かに温暖な地域では年間に数日のことですし、数時間で止んでしまうことほとんどです。積もることも滅多にありません。

 「温暖な地域に住んでいるのにわざわざ付けなくても…」と思うのはもっともなことですが、ちょっと待ってください。
 比較的、温暖とされる南関東でも2014年2月には2週に渡って雪が降りました。前週に降った雪が溶ける前に再度、降ったので、とんでもないくらい積もってしまうということが起こりえました(南関東でのレベルですので雪国とは比較になりません)。
雪止めをしておけば防げた被害もあります
 その降雪後、街の屋根やさんには「雪の重みで雨樋が壊れた」、「落雪でカーポートが破壊され、そこに駐車していた車も大ダメージを受けた」、「お隣の屋根に雪が落ちてしまい、瓦を傷つけてしまった」などの相談が多く寄せられました。

 いずれも雪止めをつけておけば、防げた被害なのです。奇しくも2016年1月には沖縄本島で観測史上初の降雪が確認されました。雪が滅多に降らない地域でもたまたま連続して降ってしまえばとんでもないことになるのです。
 落雪被害に遭わないためにも、防ぐためにも雪止めは必ず必要になります。

屋根からの落雪で過去に起きた悲惨な事故
福島県下郷町の保育所で屋根からの落雪により6歳男児死亡
北海道江別市の大学構内で屋根からの落雪により23歳男子学生が死亡

雪の重みは1立方メートルで50kg~500kg!

 雪ってふわふわしていますが、空を舞っている時はそれほどの密度はありません。しかし、降り積もり、重みがかかると固まっていき、密度も高まっていきます。
雪の重み一覧表
重みで圧縮された雪は重く危険です
 ふわふわの新雪でも1立方メートルで50 kgです。1立方メートルは縦・横・高さ、いずれも1メートルです。
 普通に考えたら温暖な地域でここまで積もることはありませんが屋根からの落雪となるとこれ以上の重さと量のものが落下してくる可能性があるのです。
雪は落雪により硬さも重みもい増していきます
 2階の屋根の雪が1階の屋根に落ち、その勢いで2階と1階の屋根の雪が合わさったものが落ちてくる。1立方メートル以上の重さと量の落雪があっても不思議ではないのです。
 2階から落ちてきた雪は1階の屋根にぶつかると同時に自身と1階の雪を圧縮し、密度を上げます。重みも相当に増していますし、そこに硬さが加わっていると考えていいでしょう。
さまざまな降雪被害
雪による段階別雨樋の被害
落雪による段階別カーポートの被害
落雪による植栽への被害

雪止めの設置は4つの被害と危険から貴方を守ります

落雪による通行人などへの人的被害
落雪先に通行人がいることで大きな事故になります
 道路などへお住まいの屋根の雪が落下する可能性がある場合、通行人などに落雪で怪我を負わせてしまう可能性があります。

 過去から現在まで、落雪によって死亡した例は多数あります。
落雪による隣家への被害
隣家の屋根に雪が落下する可能性もあります
 屋根の勾配によりますが、落下する際はそれなりに勢いがつきますから、軒の真下ではなく、それなりに離れたところに落ちてくる可能性もあります。

 お隣さんとの距離が近い場合はその家屋や隣接する設備に被害をもたらしてしまう可能性があります。
落雪によるご自宅やその設備などへの被害
雨樋やカーポートは落雪被害を受けやすい場所です
 屋根の軒先に付けられている雨樋に被害を受けてしまったり、ご自宅のカーポートへ落雪して破損してしまったり、植木が被害を受ける可能性があります。

 カーポートにお車が駐車されている場合、それも被害を受ける可能性があります。
自然災害による死者・行方不明者の数
 「家はお隣との距離も離れているし、お庭も広いので雪が落ちても大丈夫。わざわざ雪止めをつけるメリットはない」という環境にお住まいの方もいるでしょう。

 本当に雪止めをつけなくて大丈夫なのでしょうか。よく考えてみてください。例えば、たまたまご近所の方や新聞配達の方、郵便局員の方が尋ねてきたらどうでしょうか。その時にたまたま落雪してしまうことだって考えられます。
世の中では落雪によって死亡事故が発生しています。その可能性はゼロではないのです
積雪によりお住まいから出られなくなるという危険
何かと外に出る機会が多くなる雪の日
 お庭も広いので雪が落ちても大丈夫という方も雪止めは付けた方が絶対にいいのです。
 雪がそれなりに降り積もりました。屋根からもどんどん落雪しています。『雪と寒さのせいか水道水の出が悪い』、『ガス給湯器も排気口か吸気口かが雪で塞がれたためか安全装置がはたらき、停止しているので外に出てリセットしなければならない』、『降雪のためか、停電がしたり、しなかったり。エアコンも使えなくなりそうだから、用心のために石油ストーブを出しておいた。灯油がなくなってしまったので外の物置に取りに行かなければならない』
 外に出ないことに越したことはないのですが、実は何かと外に出る用事が出てくるのも雪の日です。
住まいの出入り口が雪でふさがる前に雪止めで防ぎましょう
いざ、玄関から外に出てみると、何と目の前には塀のような雪山ができています。落雪によってできた雪山です。スコップは物置の中、乗り越えていけないこともなさそうですが、雪に慣れていないと転倒する可能性もあります。

 唖然としてみてたら、また落雪があり、さらに雪山が高くなりました。一旦、お住まいの中に戻り、別の出入り口から出ようとしたもののこちらも高い雪山ができていました。別の出入り口は雪がドアに着雪しながら、積もったようで動きません。雪によって隔絶され、孤立してしまったのです。ドアへの着雪は別として、それ以外の出入り口で通行を邪魔していた雪山は雪止めがあれば、防げていたでしょう。
 雪止めをつけなかったがために、お住まいへの出入りを困難にしてしまう可能性もあるのです。寄棟や方形などの屋根では4方向とも雪に囲まれてしまう可能性もあります。雪止めを設置する他、落雪した場合、どこに雪が落ちそうかを確認しておきましょう。
雪止め金具
雪止め瓦
アングル型
金網型(フェンス型)
雪止めの誤った位置
 雪止めを屋根の上部に付けてもあまり効果がありません。取り付けた位置より下の雪はそのまま滑雪し、落雪してしまうからです。

 軒先に近い部分に付けた方が効果は高いのですが、それもよくありません。軒先部分はその下に支えるものがないので重みに弱いからです。最悪の場合、軒先が変形してしまいます。
 また、軒先に近い部分に付けるとここに雪水が集中して溜まることになり、屋根材の下へ水が染み込みやすくなり、凍りやすくなります。軒先の裏は軒天です。お部屋の上ならば屋根裏などの空間があるので凍りにくいのですが、軒先は上も下も寒気に晒されています。
千鳥配置の雪止め
 凍結を繰り返すと凍害で屋根材が破壊されてしまったり、下地も腐食しやすくなります。

 軒先より上の柱などの構造体がある位置、外壁の真上あたりが理想とされていますが、ここに集中して横一列などにつけてしまうと、ここばかりに重みが集中してしまい、やはりよろしくありません。実際の取り付けには千鳥配置にするなどの工夫が必要です。