破風板・鼻隠し・ケラバ、屋根の重要部分の補修方法


破風板鼻隠しの補修

屋根の側面の重要部分が「破風板(はふいた)」と「鼻隠し(はなかくし)」です

 最近ではさまざまな形の屋根が増えましたが、やはり最も多いのは「切妻(きりつま)」と呼ばれる形状の屋根です。
 ちょうど本を開いて伏せたような形状で、2面で構成される非常にシンプルでちょうど二等辺三角のような屋根です。
切妻屋根説明
 この二等辺三角屋根の斜辺になっている端の付近をケラバと呼びます。このケラバの端の端、側面の部分を破風(はふ)と呼び、使われている建材の原料や形状から破風板(はふいた)と呼ばれることもあります。
破風と鼻隠しの違い
 斜辺を下った端、地面と水平になっている部分は軒や軒先と呼ばれます。
 軒先の先端には鼻隠しと呼ばれる板が取り付けられることもあります。

 破風と鼻隠し、どちらも屋根の先端にあるので混同しやすいのですが、雨樋の有無という大きな違いがあります。
 破風には雨樋が設けられていませんが、鼻隠しには取り付けられているのです。
お住いの各部位はこちら
破風説明
鼻隠し説明
ケラバ説明

お住まいの中で果たす役割は破風板と鼻隠しもほぼと同じです

 破風板と鼻隠しも外壁から張り出した屋根の先端に設けられたものですから、その役割はほぼ同じです。屋内への雨水の浸入と風が屋根内部へと浸入することを防いでいます。
 屋根はその種類と形状を問わず、吹き下ろしてくる風への耐性はかなり強いのですが、下から吹き上げられるような風にはかなり弱いという性質を持っています。
屋根の耐風性
 吹き下ろしてくる風に対しては柱や耐力壁で支えることができますが、吹き上げてくる風に対しては屋根の自重と釘や接着剤の固定力だけが頼りなのです。
 破風板や鼻隠しの板が一枚あるだけで、屋根を吹き上げるような風をかなり分散させることができます。
雨水の侵入防止
 台風などの強風時には雨が真横から吹き付けるように降ります。

 そんな雨風も破風板・鼻隠しがあれば、屋根と外壁材の隙間からの吹き込みを防いでくれます。
 前述の屋根の耐風性の向上とこの雨水の浸入防止はセットで考えてもよいでしょう。
美観向上
 屋根の下地である野地板とそれを支えている垂木、お住まいの中身である構造はほとんどが隠すように作られています。

 それが見えるというのはよろしくありません。神社・仏閣の垂木などが立派に見えるのは見られることを意識して設計されているからであり、そうではない建物は見えない方がすっきりと感じられるのです。
防火性への考慮
 現在では木材が使われることは少なくなりましたが、昔は耐風性や雨水への対策を考えて、破風板には強度があり、ある程度の厚みを持った木材が用いられました。

 厚みのある木材の場合、表面は燃えますが、炭化によって酸素が供給されにくくなるので、延焼までの時間を稼ぐことができるのです。
雨樋取り付け鼻隠しのみ
 雨樋を固定するところとして鼻隠しは最適です。もちろん、垂木などにも取り付けることは可能ですが、ちょっと複雑になってしまいますし、風に弱いものになってしまうでしょう。
 鼻隠しは雨樋の取り付けのためにも必要なのです。
破風板と鼻隠しは材料も共通
破風と鼻隠し
 築年数がそれなりに経過しているお住まいの場合、破風板と鼻隠しには木材が使われることがほとんどです。
 現在では耐火性と耐久性が重視され、燃えにくく、腐食しにくい窯業系サイディングものが多くを占めるようになりました。ガルバリウムなどの金属製のものもあります。

役割・素材と共通点は多いが、破風板の方が傷みやすい

破風板は痛みやすい
 ケラバと軒先、似たようなところに設置され、担う役割も、材料もほぼ同じ… 何かと共通点の多い破風板と鼻隠しですが、環境的に厳しく、傷みが早くで安いのは破風板です。

 鼻隠しは雨樋によってある程度、直射日光も防げ、ダイレクトに雨がかかることも少なくなります。それに対して破風板は直射日光があたる機会も多く、強い風にも堪えなくてはなりません。
 鼻隠しよりも傷みやすいのです。鼻隠しが傷んでいる場合は破風板も、それ以上に傷んでいることが多いのです。

破風板と鼻隠し、不具合が出てしまった場合の補修方法もほぼ同じだが、
鼻隠しの場合は同時に雨樋交換を行うとお得です!

3つの補修方法
軽度修繕
状態 塗膜が剥がれかかっている
補修方法 塗装 (ケレンして塗装)
費用 安い
耐久年度 普通
中度修繕
状態 塗膜が剥がれは進行しているが、木材は健全
補修方法 板金撒き(破風板や鼻隠しを板金で撒いて覆ってしまう)
費用 
耐久年度 長い
※鼻隠しを板金撒きする場合、雨樋を取り外すので
 新しい雨樋にした方がお得
重度修繕
状態 塗膜の剥がれが顕著、木材にも劣化や腐食あり
補修方法 部分交換、または全交換
     (破風板や鼻隠しを部分的、または全面的に交換する)

費用 高い
耐久年度 普通・長い
※鼻隠しを交換する場合、雨樋を取り外すので
 新しい雨樋にした方がお得
               ※木材から窯業系に変える場合、部分交換はできないので全交換
                部分的に交換する場合でも全体的に塗装となければならない

一度の足場仮設でまとめて補修工事をしたほうがお得です

 お住まいが2階建の場合、1階部分よりも風雨が激しい2階部分の方が傷みは出やすいという特徴があります。また、2階部分の工事には足場が必要なので、まとめて他の工事もやってしまった方がお得です。
一度の足場でまとめて補修
 板金巻きや交換をする場合は雨樋も新しくしてしまった方がお得です。雨樋をはずして、取り付ければ、これまでのものでも、新しいものでも、脱着は1回です。

 破風板や鼻隠しの補修だけという工事をすると、雨樋交換が必要になった時に足場の仮設、雨樋の脱着を再度、行わなければなりません。

 工事中だと生活も落ち着かないし、費用の面でも大きな負担になってしまうでしょう。
一度の足場でまとめて補修詳細