屋根リフォームで夏の暑さ対策してみませんか


棟換気・遮熱ポリカ・遮熱塗料、お部屋の暑さ解消できます!
 「屋根リフォームで夏を涼しく過ごすことができる」と言ったら、貴方は信じますか。日中も、夜も、できるだけ涼しく過ごせれば夏バテも防げますし、仕事や勉学の効率も上がるでしょう。それでは夏を涼しく、健康的に過ごすための屋根リフォームを見ていきましょう。

暑さ対策におすすめの屋根リフォームの詳細をご紹介︕

おすすめ度No.1 換気棟
お手軽、低価格、冬も役立つ、おすすめ
チェック 2 階のお部屋の暑さや湿気に悩んでいる方
チェック 棟板金の交換をなどのメンテナンスをお考え方

お家の小屋裏にこもった熱気を排出し、お部屋の温度上昇を防ぎます

真夏の小屋裏は熱気と湿気で蒸し風呂状態です!
 屋根の下の小屋裏(天井裏)は太陽に照らされた屋根の熱気が伝わってきて夏の間はいつも高温。 お部屋との間には断熱材があるのですが、断熱材 は熱の移動を遅くするだけで、いつかは室内へと伝わります。
 加えて、
小屋裏へはお部屋の暑い空気も上昇してきますから、熱気が非常に溜まりやすい場所なのです。その熱気を自然に排出してくれるのが換気棟です。
季節を問わず結露防止にも一役買います!
 棟に通風孔のある換気棟を設ければ、小屋裏の熱気を屋外と排出してくれます。自然の対流を利用しているため電気代などのコストも一切、かかりません。熱気だけでなく、湿気も排出しますので、季節を問わず結露防止にも役立ちます。
 設置方法は屋根の棟に換気用の通風孔を設け、これまでの棟板金と交換するだけです。台風シーズン前に棟板金交換を兼ねて換気棟にしておけば、飛散する心配もなくなります。
棟換気について詳しく知りたい方はこちら
おすすめ度No2遮熱塗料・断熱塗料による屋根塗料、遮熱効果のある屋根防水工事
冬も役立つ(断熱塗料のみ)、おすすめ
チェック 日中のみならず、夕暮れ以降もお部屋の暑さに悩んでいる方
チェック 小さなお子様やご高齢の方が家族にいる方
チェック 暑さだけでなく、冬の寒さにもお悩みの方(断熱塗料のみ)

遮熱塗料はもはや屋根塗装では定番の塗料です

お部屋の温度を最大3℃低下させてくれるなど大きい効果を期待できるのが遮熱塗料のメリットです!
 通常の塗料と較べてもさほど値が張るわけではないため、屋根塗装をする際に遮熱塗料を選ばれる方も増えました。実際に塗り替えた方から「お喜びの声」や「ご満足の声」を聞くケースが非常に多いのも遮熱塗料です。お部屋の温度を最大で約3℃低下させますから、効果もかなり感じられます。
 お客様からよく聞く感想が「昼間はエアコンの設定温度を控えめにできるし、日が沈むとすぐにエアコンなしで過ごせる」というものです。遮熱塗料は日光を反射し、建物への蓄熱も防ぐので日が沈むとすぐに涼しくなるのです。
陸屋根や屋上の防水工事にも遮熱塗料を選ぶことができます!
 陸屋根や屋上などの防水工事でも遮熱機能をもったものが選べます。陸屋根屋や屋上などを備えたお家でもお部屋の温度を下げることは可能なのです。

 断熱塗料は夏の暑さをやわらげるだけでなく、冬の寒さに対してもその効果を発揮します。お値段は遮熱塗料よりも高いものの、夏も冬も光熱費を削減できるのがメリットです。
遮熱塗料サーモアイについて詳しく知りたい方はこちら

おすすめ度No3断熱塗料による室内塗料
冬も役立つ、おすすめ
チェック 小さなお子様やご高齢の方が家族にいる方
チェック 特に暑い部屋やとても寒い部屋があるお家の方
チェック 一年を通じて光熱費を削減したい方

おそらく最強の暑さ対策、外からの熱の伝わりをシャットアウト

断熱塗料は熱の伝達を抑え、快適な室内環境を実現できるのです
 日光を効率よく反射する遮熱塗料を室内に塗装してもほとんど意味がないことはご理解できると思います。
 それに対して
断熱塗料は熱の伝達を抑えるので、室内に塗装することは非常に有効です。夏は外からの暑さをシャットアウトしますし、冬はお部屋の暖かさを外に逃がしません。
 どの季節であっても、快適な室内環境を実現できるのです。
日当たりの良い部屋や使用頻度の高い部屋などに限定して塗装するのが実現的
 一部屋ごとに塗っていくとなると費用がかなり高くなりますから、特に日当たりの良いお部屋や寒いお部屋、使用頻度の高いお部屋などに限定して塗装するのが現実的です。
 屋外側に面した内壁にのみ塗るという方法もありますが、室内の場合、どうしても養生するものが多いのでその費用が嵩んでしまいます。
おすすめ度No4遮熱ポリカ
お手軽、低価格、おすすめ
チェック ベランダやバルコニーの照り返しに悩んでいる方
チェック ベランダやバルコニーの波板交換などのメンテナンスをお考えの方

ベランダ・バルコニー屋根が樹脂製波板なら遮熱ポリカに交換を

遮熱ポリカを採用することで熱の元となる熱線を約50%カット
 「ベランダやバルコニーに屋根は付いているけど、簡易的なもので透明な樹脂製だから、夏は照り返しが強く、お部屋も暑い」、そんな思いをされている方にお薦めしたいのが、遮熱ポリカです。
 ベランダ・バルコニー屋根の樹脂製波板を遮熱機能を持ったものへと交換してしまいましょう。
遮熱ポリカは熱の元となる熱線を約50%カットすると言われています。
通常のポリカと遮熱ポリカの温度比較説明図
 直射日光で80℃のところを通常の波板では約70℃、遮熱ポリカの下では約50℃にまで下がるというデータがあります。これはかなり効き目が期待できますね。

 遮熱ポリカは通常のポリカに較べるとかなり高いのですが、そもそも通常のポリカ自体がお安めです。
 涼しさと快適さを手に入れることができ、なおかつ今後は毎年役に立つことを考えたら、高価とは言えないと思います。

 波板が古くなってきたという方は台風シーズン前に交換を兼ねて遮熱ポリカにしておけば、飛散する心配もなくなります。
ベランダ・バルコニー屋根の樹脂製波板に
あすすめ度No5天窓の交換・設置
おすすめ
チェック 既に天窓が設置してあり、古く、動きが悪く活用していない方
チェック 既に天窓はあるが固定タイプで開閉ができないので、できるタイプにしたい方
チェック 勾配天井(平らな天井ではなく屋根に沿った天井)で暑さにお悩みの方

※勾配天井には比較的、簡単に天窓を設置することができます。
 通常の天井にも設置できないことはありませんが、工程は多くなります。

古くなり、開けなくなって久しい天窓を新しいものへ、換気に役立てましょう

 「新築の時にこだわって屋根に設けた天窓(トップライト)、新しいうちは頻繁に開閉させて空気の入れ替えなどを行っていたのに、古くなり開閉しにくくなってしまってからというもの、すっかり締め切ったまま…最近は雨漏りも心配になってきた」、そんな天窓を新しいものと交換して、新築の時以上の換気機能を取り戻してみませんか。
ご安心ください!新しい天窓への交換は全メーカー対応しております!
 「メンテナンスしたいけど、かつて存在していた天窓メーカーがなくなってしまってどうしたらいいか分からない」という方も多いでしょう。現在はどのメーカーの天窓であっても、簡単に新しいものへと交換できるようになったのです。加えて20 年の保証もついています。
 換気というと、壁についた窓を開けるだけで充分という方も多いと思います。空気の対流を考えると、理想的な換気には上方にも出口が必要となってきます。上方に天窓が設けられていれば理想的な換気となり、結露も防止することができます。
天窓について詳しく知りたい方はこちら

もっとお手軽に夏の暑さ対策をしたいという方へ
屋根リフォーム以外にもさまざまな工夫をしてみましょう

お手軽、低価格、おすすめ、DIY すだれやオープニングの雰囲気
 昔からの定番ですが、すだれやよしづ、オーニングなどで日を遮ったところは温度が5℃程低下するということですから、かなりの効果が見込めます。定番ということはそれだけ効果があるということです。
 すだれやよしづ、常設でないオーニングはシーズンが終わったら、取り外してしまえるところも魅力です。
お手軽、低価格、おすすめ、DIY 遮熱フィルムを貼る前と貼った後の雰囲気
 お部屋の暑さを防ぐにはやはり熱源となる日光を極力侵入させないことです。
 現在では熱源となる赤外線を効率良くカットする遮るフィルムやシートが販売されています。また窓ガラスにスプレーしたり、塗布するタイプのものも販売されています。これらはDIY が可能なものもありますから、ご自分で試してみてはいかがでしょうか。
 効果が実感できたら、市販されているものよりも高効率でなおかつ耐用年数が長いものを専門業者に施工してもらうというのもいいでしょう。
お手軽、低価格、おすすめ、DIY(ご自身でも取付可能) 電球を取り換えている様子
 直前まで通電していた蛍光灯を触ったことがあるでしょうか。かなり熱く、火傷しそうになるくらいの温度です。
 白熱灯よりも効率が良いと言われる蛍光灯ですが、実はかなりの熱を発しているのです。LED は蛍光灯よりも発熱も少ないので、それなりにお部屋の涼しさに貢献します。LED の最大の利点は蛍光灯よりも虫も寄って来づらいということです。
 夏の夜の暑さと虫はワンセットになっています。虫が来なくなっただけでも、快適さは増すと思います。
番外編1 インテリアを寒色系に
 寒色系を中心にしたお部屋にすることによって、心理的効果より-3℃の涼しさを得られると言われています。
番外編2 打ち水
 昔から行われてきた定番の暑さ対策です。気化熱によって温度が低くなります。家の周りの温度を下げれば自然と涼しくなりますよね。
番外編3 グリーンカーテン
 来年以降は夏を涼しく、おいしく過ごすためにグリーンカーテンも視野に入れましょう。グリーンカーテンで育てられる野菜は体温を下げる効果があり、夏バテ予防になると言われています。