瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?

瓦、スレート、金属と多様、あなたの屋根はどのタイプ?
重さで比較した各種屋根材
 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。 
 また、それに合わせて屋根も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面を広く取った屋根、用いられる屋根材も伝統的な和瓦から最新のハイブリッドのものまで多種多様です。 

 ここでは住居に用いられることの多い屋根材、瓦、スレート、金属、ハイブリッドについて説明します。

金属屋根

素材が分かれる金属屋根
 一口に金属屋根と言いましても、その素材は鋼板、アルミ、ステンレスと様々なものがあります。また、金属の配合率やメッキの方法によっても細かく分けられます。 
 その中でも耐久性と耐候性に優れているのが「ガルバリウム鋼板」で、高い評価を受けています。サビにも強く、コストパフォーマンスも高いのでお薦めです。
 また、材料自体が軽量かつ自由な形に加工できる事から、耐震性を考えた葺き替えやカバー工法に向いています。

金属屋根の重さ

金属屋根は軽自動車一台未満の重量
金属屋根のメリット
金属屋根のデメリット
軽い屋根は地震に強い!
減震を視野に入れた屋根材の重さ比較
 屋根リフォームや屋根の葺き替えをお考えの方には、現在の屋根より軽い屋根材への葺き替えをお薦めしております。 
 屋根の重量は耐震性へ直結しており、軽ければ軽いほど減震が期待できるからです。詳しくは屋根葺き替えのページをご覧ください。
詳しくは金属屋根のページへ

スレート屋根 

※コロニアルやカラーベストなどメーカーによって呼び方が変わります。
スレート屋根
本来、スレートとは粘土版岩を屋根材として適した形(薄い板状)に加工したものです。 
 ヨーロッパや日本の宮城県などで古くから屋根材として使われてきました。 
 現在、主に屋根材として使われているものは人工スレートで、前述の天然ものとは別物です。天然スレートは非常に高価な建材です。
 人工スレートには石綿スレート、無石綿スレート、セメント系スレートなどがあり、環境問題から石綿スレートは製造されなくなりました。過去、石綿を含む建材が多く使われていたため、現在では解体時の環境負荷が懸念されています。お住まいに石綿を含む建材が使われていても破壊しない限り、飛散はしませんので安心してお過ごしください。

スレート屋根の重さ

スレート屋根は軽自動車三台分の重量
スレート屋根のメリット
スレート屋根のデメリット
詳しくはスレート屋根のページヘ

瓦屋根

瓦屋根
 一般的に粘土を成型し、焼成とした屋根材を瓦と言います。 
 瓦のような形態の他の屋根材も金属瓦、スレート瓦と呼ばれることがあるので、区別するため粘土瓦や焼き瓦という名前が使われることもあります。 
 他にセメントを原料にしたセメント瓦もあります。 
 粘土瓦や焼き瓦の優れた点は何と言っても耐久性です。他の屋根材に較べて断熱性も優れています。 
 和瓦は他の屋根材のように塗装が必要なく、美しさを長く保つことができます。

瓦屋根の重さ

瓦屋根は軽自動車八台分の重量
瓦屋根のメリット
瓦屋根のデメリット
詳しくは瓦屋根のページヘ

アスファルトシングル

アスファルトシングルの屋根
 アスファルトをガラス繊維に含浸させ、その上に自然石粒(着色した砂)を圧着したのがアスファルトシングルです。 
 アスファルトシングルが他の屋根材と違うところは柔軟性があるところです。曲面などにも施工することができます。また、カッターなどで切断して加工することができます。 
 大型のホームセンターなどで手に入れることもできるので、柔軟性と加工のしやすさからDIYで物置を作ったりするときに使う方も多いようです。

アスファルトシングルの重さ

アスファルトシングルは軽自動車1.6台分の重量
アスファルトシングルのメリット
アスファルトシングルのデメリット
詳しくはアスファルトシングルのページヘ

陸屋根

平らな陸屋根
 このページでは屋根材別に屋根を分類していますが、陸屋根はある意味特殊ということで加えました。 
 勾配(傾斜)がなく、陸のように平らな屋根が陸屋根です(実際には排水のため、ほんの少し勾配がついています)。「ろくやね」とも「りくやね」とも読みます。 
 最近はこのような屋根のお住まいも増えてきました。屋上などを設けることもできるので、非常に夢が広がる屋根です。
陸屋根のメリット
陸屋根のデメリット
詳しくは陸屋根のページヘ

その他の屋根

 一般的なお住まいの場合、これまでのタイプにほとんど当てはまると思います。大型のスポーツ施設などは前述のものに当てはまらないものもたくさんあります。
ガラス繊維膜材の東京ドーム
 いわゆる東京ドームの屋根です。フッ素樹脂でコーティングされたガラス繊維の二重の膜が屋根になっています。28本のケーブルによって支えられており、総重量は400トンに達します。
開閉式の福岡ヤフオクドーム
 福岡のヤフードームが有名です。同じ場所で野外と屋内、両方を楽しめるというとてもぜいたくな屋根です。維持・管理にとてもお金がかかりそうです。日本にはヤフードームの他に石川県のこまつドーム、仙台市屋内グラウンド、兵庫県立但馬ドームがあります。
進化するハイブリッドタイプの屋根材
ハイブリッドタイプの瓦屋根
ケイミュー株式会社「ROOGA」シリーズ  

 樹脂膜によって覆われた気泡と樹脂繊維を混ぜ込み、成型した瓦。重さは従来の瓦の半分以下。 
 また、屋根を軽くするための工法にもこだわっており、ROOGA独自の乾式工法を採用している。
ストーンチップ鋼版の屋根
 ガルバリウム鋼板やジンカリウム鋼板(ガルバリウムとほぼ同じ鋼板)にストーンチップ(石の粒)を焼き付けたもの。 
 ベースが鋼板なので金属屋根としてカテゴライズされる場合もある。表面が石なので雷が落ちにくいと言われている。
ルーガ雅・ルーガ鉄平の詳細はこちらへ