吹田市 屋根カバー工事の現場調査ブログ


IMG_9089-1-columns1-overlay
吹田市H様のから、スレート瓦の点検をお願いしたいとのご要望を頂き調査に伺いました。

こちらのお宅は中古で購入されたらしく、築30年が経過しております。
IMG_9090-simple-overlay
一見すると大丈夫のようにみれますが、
スレートの表面がかなり劣化しており、
事実、お部屋の中から雨漏りをしているという状況から考えて、屋根カバー工事をご提案させていただきました。
IMG_9103-1-columns1-overlay
また、外壁部分の目地部分にも劣化が見られましたので、こちらの箇所はコーキング補修で対応する事をご提案させていただきました。

H様のご要望では出来れば外壁塗装も行いたいとの事だったのですが、
緊急性の高さでは屋根工事を優先すべきだと判断しましたので、
あえて、外壁塗装は見送るべきだとのアドバイスさせていただいたのです。


IMG_9091-2-simple-overlay
屋根のカバー工事は、今の屋根材を撤去せずに再度屋根を被せる施工方法で、屋根葺き替え工事に比べると廃材が出ないというメリットがあります。

日本瓦のような凹凸がある屋根には用いれない手法なのですが、スレート瓦などは屋根カバー工事を選択する事によってご予算を抑える事が可能になってくるのです。

H様のお宅では、今のスレート屋根を屋根カバー工事によって金属屋根を被せる事になりました。

葺き替えて、もう一度スレート瓦に葺き替えるという選択肢もあったのですが、熟考を重ねられた結果カバー工事を選択されたのです。

街の屋根やさん大阪吹田店では、軽微な工事はもちろん、屋根カバー工事の施工実績も豊富ですので、是非お気軽にご相談ください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_1057-1

大阪市淀川区で現場調査に伺いました。現場調査の内容は昨年の9月4日の台風21号によりカラーベスト(スレート)が部分的に捲れてしまったという内容でした。建物は3階建てということで、一般的なハシゴでは屋根まで届かず今回は3階バルコニーから脚立を...........

屋根カバー

「屋根から軽い破片が、たくさん落ちてきます。」との問合せを頂き即日訪問しました。去年の台風21号は9月4日でしたが、その直後ではなく1ヶ月ほど経過した10月初旬に問合せを受付ました。早速現状調査を行いました。すると庭に”アスファルトシングル...........

瓦屋根からスレート屋根へ葺き替え

「屋根から軽い破片が、たくさん落ちてきます。」との問合せを頂き即日訪問しました。去年の台風21号は9月4日でしたが、その直後ではなく1ヶ月ほど経過した10月初旬に問合せを受付ました。早速現状調査を行いました。すると庭に”アスファルトシングル...........