吹田市 屋根カバー工事の現場調査ブログ


IMG_9089-1-columns1-overlay
吹田市H様のから、スレート瓦の点検をお願いしたいとのご要望を頂き調査に伺いました。

こちらのお宅は中古で購入されたらしく、築30年が経過しております。
IMG_9090-simple-overlay
一見すると大丈夫のようにみれますが、
スレートの表面がかなり劣化しており、
事実、お部屋の中から雨漏りをしているという状況から考えて、屋根カバー工事をご提案させていただきました。
IMG_9103-1-columns1-overlay
また、外壁部分の目地部分にも劣化が見られましたので、こちらの箇所はコーキング補修で対応する事をご提案させていただきました。

H様のご要望では出来れば外壁塗装も行いたいとの事だったのですが、
緊急性の高さでは屋根工事を優先すべきだと判断しましたので、
あえて、外壁塗装は見送るべきだとのアドバイスさせていただいたのです。


IMG_9091-2-simple-overlay
屋根のカバー工事は、今の屋根材を撤去せずに再度屋根を被せる施工方法で、屋根葺き替え工事に比べると廃材が出ないというメリットがあります。

日本瓦のような凹凸がある屋根には用いれない手法なのですが、スレート瓦などは屋根カバー工事を選択する事によってご予算を抑える事が可能になってくるのです。

H様のお宅では、今のスレート屋根を屋根カバー工事によって金属屋根を被せる事になりました。

葺き替えて、もう一度スレート瓦に葺き替えるという選択肢もあったのですが、熟考を重ねられた結果カバー工事を選択されたのです。

街の屋根やさん大阪吹田店では、軽微な工事はもちろん、屋根カバー工事の施工実績も豊富ですので、是非お気軽にご相談ください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG01142

施主様より「屋根から瓦の破片が落ちてきて土らしきものも一緒に落ちてきます。」と問合せがあり、これから雨の季節なので急いで工事は可能かどうかも考慮して欲しいとの事でした。調査開始すると築45年の釉薬瓦で桟瓦・袖瓦・軒瓦は全く問題なく割れ・欠け...........

IMG_0329

こんにちは。街の屋根やさんの山田です。台風10号にビクビクしながら過ごしておりましたが、大阪方面は暴風が吹かなかったので一安心です。お盆休みの期間中は実家がある和歌山県に帰省していたのですが、白浜町あたりはかなりの暴風雨でした。次の日の仕事...........

棟板金飛散

「棟板金の一部が飛んでしまい、お隣から屋根に乗って確認したところ、その下に付いている木材も無い状態です。」問合せを受け調査に伺いました。築48年で30年前に二階から三階に増築をした際、カラーベスト屋根に変更したそうです。去年の台風21号でカ...........