オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

豊中市。カラーベスト屋根調査。屋根工事の提案はカバー工事。


texts
豊中市のM様邸へ屋根調査へ行きました。

今回は屋根調査を行った一部をご紹介します。

建物は築30年程で15年前に一度屋根の塗装をされたとお聞きしました。

温かみのある夫婦とお会いでき、さっそく調査開始です。

調査では私ともう一人の調査員、2人でお伺いさせて頂きました。

この日は珍しく風の強い日でした。

幸い雨は降ってなくて屋根の上に上がることはできました。

問合せでは屋根の状態が心配でカバー工事を考えられているということです。

カバー工事は屋根工事では既に知られている方が今でこそ増えてきていますが、

まだまだ屋根工事ではどちらかというと専門的な工法です。

その工法をM様はご存知でした。

お話しを聞くとこの建物の設計はご主人様が考えられたようです。

とてもよく考えられた図面と思い正直、ビックリしました。

私もある程度図面を書くことができますが、敷地が大きくなると

やはり何十パターンも書くことができます。

またモジュールや比較的各部屋やトイレ、浴室、収納などの大きさや

日当たりも把握しておかなければなりません。

専門的にいうとまだまだたくさんあります。

屋根調査では屋根の上に上がれば注文住宅か建売が分かります。

やはり自由設計や注文住宅にさせるかたの屋根というのは屋根の造りが複雑に

なっているケースが多いです。

お客様ご自身で設計されたということでかなり家ヘの愛着がある方というのは

言うまでもありません。

しっかり屋根の調査をしてご報告させて頂かなければなりません。

今回の屋根調査ではカラーベストの耐久性など割れ、破損、変色、反り、

板金の捲れ、サビ、釘浮き、釘無し、雨水が浸入していないかどうか、また

屋根面積の実測(カバー工事をする上必要)などを調査しました。



columns
IMG_5286-1
写真はハシゴを架け大屋根に上がる所です。
現場へ着くと、ご挨拶し自己紹介をさせていただきます。
挨拶が終わると、さっそく屋根に上がります。
屋根に上がる前にはハシゴを架けますので、お客様にはどこからハシゴ架けるかを必ず伝えます。
屋根の上にはお客様は上がりませんので少しでも安心して頂きたく細かくお伝えをしていきます。
もちろんこの時に写真をたくさん撮り屋根の状態を後で説明させて頂くことを伝えます。
IMG_3677-2
屋根の上に上がると早速写真を撮り始めます。
写真は以前はデジカメを使用していましたが、デジカメは画面が
小さいので確認する時に分りづらいと思い、最近では携帯で撮るようにしています。タブレットでは画面は大きいですが、屋根の上では少し邪魔になり危険に繋がりました。
携帯は画面が大きなものを使用し、後からお客様にすぐお見せできるし、撮影も困難ではありません。
一回の現場調査で一人200枚ほど撮ります。
調査は二人でしたので、今回の現場調査では約400枚ほど
撮影させて頂きました。
columns
IMG_5305
400枚程撮影してもすべてお客様にはお見せできません。
なので写真を会社に持って帰り、後日お客様に調査報告書として
作成しお渡しします。
また作業をする職人にも工事がより分りやすくするためにたくさんの
写真を送ります。
屋根の職人は
平場で作業するよりこのような壁際に作業がかなり
大切になってきます。
言わば納めという作業です。腕の良し悪しが出やすい場所と言えます。
IMG_3670
既存屋根はカラーベストといってセメントをスレート上に加工して塗装している材料ですが、その他に棟や軒先、ケラバ部分には板金を使用しています。
写真は棟板金部分です。棟板金の中には貫板(下地に木材)が
あります。貫板の上に棟板金を被せて横から釘打ちをしています。
しかしlこの棟板金が強風によって捲れてしまうことが多発しています。原因としては、貫板や釘の劣化により釘が無くなってしまい、棟板金が下地に止まっていないということがあります。
columns
IMG_5359-1
カラーべストが濡れています。
これはこの場所に太陽熱温水パネルがありそこから水が漏って
しまっているようです。
カラーベストは塗膜がなくなると色褪せてしまう特徴があります。
色褪せるとセメントに水を溜めやすくなり濡れて、乾いが繰り返し、また紫外線ををあびることにより劣化が進み脆くなってしまいます。
亀裂や割れにつながる原因になります。
その為、塗膜をつける為に屋根の塗装をします。
屋根材の保護です。
IMG_5296-1
実際、以前に割れている箇所が確認できました。
割れを繋ぐためにコーキングが施されています。
これは簡易的ではありますが、正しい補修工事であります。
この割れを放置しておくと、風などでカラーベストが捲れ落下する
可能性があります。
また割れなどの隙間から雨水が浸入して雨漏りに繋がる可能性も
高くなってしまいます。
columns
IMG_5291
カラーべストの割れは何箇所も確認できましたが、
完全に割れておらず表面にひび割れが発生しているものも
ありました。
これは割れの予備軍になります。
全体的にこのような症状が出てくると、コーキングで補修しても
また違う場所でというようにいたちごっこになりかねません。
ここで屋根ことを知らない屋根業者は塗装の提案をしている
ケースもあります。塗装でカラーベストの割れを防ぐということは
望ましいい工事とは言えません。もちろんカラーベストの劣化具合がポイントになります。
調査をしにきた人の調査力が重要になります。

IMG_3693
カラーべストの耐久性は20年程と言われますが、少しでも劣化させないために塗装をします。
もちろん日当たりなどによっても変わってきますが、10年ほど
で一度塗装を考えなければなりません。
しかし築10年ほどのカラーベストの屋根で塗装している所はほとんどといっていい程ありません。
屋根が一度劣化してくると進行が一気に早まります。
その時に塗装しても一時だけで効果がないといってもいいでしょう。


texts
今回の屋根調査ではお客様が言われるように屋根のカバー工事を提案させて頂きました。

次回、アイジー工業のスーパーガルテクトとJFE鋼板の立平とガルバリウム鋼板での

カバー工事のお見積りをお持ちすることになりました。

屋根材も軽く比較的安価で施工できる工法をお持ち致しますので

楽しみにお待ちください。

この工事の現場ブログ

カラーベスト屋根調査

2017/03/21/ 豊中市。カラーベスト屋根調査。屋根工事の提案はカバー工事。

豊中市のM様邸へ屋根調査へ行きました。今回は屋根調査を行った一部をご紹介します。建物は築30年程で15年前に一度屋根の塗装をされたとお聞きしました。温かみのある夫婦とお会いでき、さっそく調査開始です。調査では私ともう一人の調査員、2人でお伺...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

吹田市|雨漏り・屋根カバー工法/ガルバリウム鋼板の屋根材(スーパーガルテクト)

IMG_81631
ガルバリウム鋼板
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
アイジー工業 スーパーガルテクト
築年数
30年
建坪
50坪
保証
7年
工事費用
約170万円
施工事例

淀川区|6階建てマンションの屋根カバー工事が竣工しました。

スレート屋根
カバー工事
工事内容
屋根カバー工事
その他の工事
使用素材
JFE鋼板株式会社極みMAX
築年数
20年
建坪
6階建てマンション約150坪
保証
施工保証7年、材料保証15年
工事費用
約280万
施工事例

吹田市倉庫屋根のカバー工事の模様をご紹介させていただきます。

波板スレート屋根
ガルバリウム鋼板
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
25年
建坪
2階建て倉庫
保証
7年
工事費用
約150万

同じ地域の施工事例

施工事例

豊中市|耐震・耐風抜群『防災棟』への積み替え工事の施工事例

防災棟(強力棟) 施工例
防災棟(強力棟) 施工例
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
防災棟 釉薬瓦(和形・淡路瓦) なんばん詰め
築年数
25年
建坪
約2m(棟部)
保証
5年
工事費用
12万円
施工事例

豊中市|スレート屋根からスーパーガルテクト(アイジー工業)に葺き替えました!

豊中市 ガルテクト屋根へのリフォーム工事
豊中市 ガルテクト屋根へリフォーム・アフター
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
スーパーガルテクト(アイジー工業)
築年数
30年前後
建坪
21坪
保証
屋根葺き替え工事7年保証
工事費用
190万円
施工事例

豊中市 ベランダのポリカーボネート製波板屋根の張替え施工例です

劣化し破れて穴の開いたベランダ屋根
ベランダポリカ製波板屋根
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
建坪
保証
1年間
工事費用
133,000円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

スレート屋根

高槻市のとある老舗旅館の屋根調査です。敷地の中の建物の屋根はたくさんありますが、今回工事の対象のなる屋根はスレート屋根です。スレート瓦が強風により一部が捲れてしまい、剥がれ落ちるいうスレート屋根では多い被害の一つです。スレートのベースとなる...........

屋根カバー工事

2020年6月30日更新こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。せっかく屋根リフォームをするのであれば、できるだけ費用を抑えて最適な施工をおこないたいですよね。先日、大阪府箕面市にお住まいの方から屋根リフォームのご依頼をいただきました。事...........

屋根カバー

寝屋川市で屋根の現場調査をさせていただきました。屋根は瓦棒屋根部分と矩勾配屋根部分はアスファルトシングル屋根でした。工事をさせていただくことになったキッカケは矩勾配部分のアスファルトシングルが捲れて道路側に落下してくるとの内容でした。またア...........

信頼の施工実績
お客様の声
headno7-1_jup1
7時~21時まで受付中!!
0120-1123-41