葺き替え工事の既存瓦撤去作業です。箕面市


箕面市の今日の屋根の葺き替え工事の現場の下屋部分の工程をお知らせしたいと思います。

既に大屋根は昨日で新しい野地板を張っていますので、新しい野地板を張る前までの工程をお伝えします。

今回の屋根の葺き替え工事は最終的に和瓦からスレート瓦に変身致します。

まだまだ和瓦を使用している屋根は多く見られますが、最近の新築ではスレート瓦が多く使用されるようになっています。
スレート瓦は軽くて丈夫で比較的、安価で屋根を造ることができます。
ですので新築だけではなく、築年数が経って古くなった家も躯体のことを考えて少しでも屋根を軽くする方も多いです。

和瓦自体もスレート瓦と比べれば重いのですが、実は瓦の下には葺き土と言った土がたくさんあります。
瓦葺きと引掛け瓦葺きがあるのでですが、引掛け瓦葺きのような瓦桟などで瓦とめません。
瓦の下には屋根全体に土だらけの状態です。

葺き替えとはまず古くなった瓦の撤去作業から始まります。
屋根葺き替え
既存の瓦の状態です。
大屋根は既に新しい野地板を張っていますが、大屋根は今日はスレート瓦を張る工程ですが、ここの下屋の作業をお伝えします。

屋根葺き替え
瓦をこのように1枚、1枚取っていきます。
すると出てきました土の山。
瓦を取る作業も大変でですが、実はこの土を取り除くのが
もっと大変なのです。
瓦はある程度の枚数をまとめるとリレーで瓦を下ろしていきます。
今日は6人の職人さんが応援にきてくれました。

屋根葺き替え
瓦の下にある土を土嚢袋に入れていきます。

葺き替え
土嚢袋がこんなに集まりました。瓦だけでも重たいのに更にこれだけの土が屋根に乗っているのです。
杉皮
土を取り除くと、木が見えてきました。
IMG_2268-columns3-overlay
割れて落ちている木の破片を見ると薄いようです。
杉皮
裏の状態です。実はこれは杉の木です。
杉皮と言って昔では下葺き材といって今でいう防水シートの変わりになっています。
屋根葺き替え
土は取り除けました。杉皮の下葺き材がこんなに顔を出しました。
屋根葺き替え
ほうきできれいに履いて細かい土を取っていきます。
ここまでの工程ですが実はまだ下地を造るまでの工程なのです。

ここから胴縁を造り新しい野地板を乗せていきます。野地板を屋根全体に覆い、防水シートを敷いていきます。

そして屋根材を乗せて完成ですが、まだ先です。
大屋根は屋根材も張りほぼ完成に近いのですが、今回はここの工程を紹介させていただきました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

劣化による瓦の割れやはがれ

先日記事にてお伝えした箕面市の青い屋根の現場のお宅から、今回は実際に屋根に上っての調査の様子をご紹介します。棟の歪みやズレの他、瓦自体に欠けが多く見られました。もともと入っていた亀裂に地震の衝撃が伝わり割れにつながってしまったのでしょうか、...........

地震による熨斗瓦のズレ

6月に起こった大阪府北部の地震の影響は広い範囲で起こり、瓦屋根にさまざまな不具合を発生させました。摂津市にも被害が及び、弊社にも調査依頼の電話を多数いただきました。今回はそのうちの一件をご紹介させていただきます。

建物外観

豊中市の2階建ての建物の居室に雨漏りが発生したとのご連絡をいただきました。雨漏りの程度はどのくらいのものなのでしょうか。早速われわれは現場に直行し調査を開始。現場はオレンジ色の瓦屋根のお宅でした。