オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

ドレンにボールが詰まり、ドレンキャップを付けました。藤井寺市


texts
藤井寺市の現場ですが、谷樋に雨水が溜まり、オーバーフローし室内へ雨水が浸入してしまったという
現場がありました。
雨漏りは現場調査をしたその日に解決したのですが、
被害は天井の壁紙、石膏ボードに及び内装工事をさせて頂きました。
内装工事は竣工し、問題の雨漏りの原因になったドレンをお金をかけずにどうするかということに・・・。
columns
IMG_5867
ここは屋根の軒先付近なのですがボ―ルの水位まで水が上がって来ていました。軒先には谷樋があり笠木部分はパラペットになってます。ドレンは分りにくいですが、軒先の左、左の笠木の丁度、下くらいにあります。
問題なのはなぜ雨の水位がここまできてしまったのか。
なぜ雨漏りしてしまったのかです。
IMG_58781
原因はこのボールにありました。実はドレンにすっぽりと詰まっておりドレンにフタをしてしまっている状態でした。
屋根から流れ落ちる雨水は軒先へ流れ一般的な建物は軒先には軒樋という雨樋があります。
しかし、ここの建物は外観がオシャレな建物にしているため、軒先には雨樋ではなく谷樋を谷板金で施されています。
なぜそうなるかというとパラペットを施し、建物を正面から見ると屋根勾配は見えず四角く見えます。

columns
IMG_5862
このように軒先から流れた雨水はパラペット(右の立上りになっている笠木部分)の間にある谷樋を通り奥のドレンへと流れ集水器に集められ流れ落ちます。
屋根勾配、パラペット、谷樋の雨仕舞をこのように造ると雨の流れを留めるリスクはどうしても高くなってしまいます。
あいにくドレンも谷樋に1ヵ所しかなく、このようなリスクを伴う雨仕舞は最低でも2ヵ所はほしい所です。またドレンキャップがなく、筒になっているだけで、すべての悪い条件が重なりボールが詰まってしまい全く流れなくなってしまいました。
IMG_58741
オーバーフローした雨水は躯体の内部に浸入し雨漏りしてしまいました。原因は近所の子供達の遊んでいたボールが屋根に乗ってしまいました。ドレンに詰まったボールを撤去すると雨水は勢いよく流れ出しました。
columns
IMG_3621
ボールがまた乗ってしまってドレンに詰まってしまう可能性が十分に考えられます。
ドレンにキャップしてボールが詰まらないようにさせていただきました。
IMG_3620
またボールにが飛んでドレンが詰まることはないと思われますが、この屋根の形状はやはりリスクがありますので、定期的に確認することが必要です。
headlinesbyline simple
IMG_0639

街の屋根やさん大阪では雨漏りなどの屋根点検も行っています。

雨漏りなど屋根トラブルでお悩みの方、

ご相談はお問い合わせページかお電話にてお気軽にお問い合わせください。

雨漏りなどの屋根点検についてはこちら

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

豊中市 葺き替えリフォーム後の金属屋根

※2020年9月18日更新こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。豊中市で屋根リフォーム、屋根修理の業者をお探しでしたら、北摂地域密着型の「街の屋根やさん大阪吹田店」へおまかせください。豊中市で屋根リフォーム・年間施工件数ベスト3位は、「...........

雨漏りしている天井と壁

※2020年9月11日更新こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。大阪府摂津市のマンションオーナー様から無料雨漏り調査のご依頼をいただきました。雨漏りに気付いたきっかけは居住者の方からのお問い合わせということです。お話をお伺いすると、過去...........

IMG_3552-1

※2020年9月11日更新こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。豊中市でおこなった屋根葺き直し工事の模様をご紹介させていただきます。屋根葺き直し工事は既存の屋根材を再利用するとてもエコな屋根リフォーム工事です。

信頼の施工実績
お客様の声
headno7-1_jup1
7時~21時まで受付中!!
0120-1123-41