オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

谷板金工事で瓦を捲り葺き土を撤去。尼崎市


texts
尼崎市の現場が着工しました。

工事内容は漆喰の詰め直しと谷板金の補修工事です。

今回は谷板金のせこうを一部アップさせて頂きます。

瓦を捲り、葺き土を撤去し新しく谷板金をカバーしています。


columns
IMG_52501
下屋根には谷樋があり、このステンレスの谷の下の居室で雨漏りしていました。屋根の葺き替えをせずに部分補修工事で、漆喰の詰め直しとのこの谷樋の板金を新しくステンレスの板金でカバーし、雨仕舞をしていく工程です。
IMG_5261
既存の谷板金の上には瓦が乗っていて屋根の勾配はこの谷へと向いています。谷板金をカバーする為、他の板金に接している瓦を一度、捲っていきます。
もちろん最後に瓦を復旧致します。
瓦の下には葺き土と呼ばれる土がギッシリ詰まっています。
columns
IMG_5265
他の板金まわりの葺き土は撤去します。
葺き土は瓦を留める、高さを合わせるなど雨を浸入させない、また瓦がズラさない為のものです。
ここも瓦を留める下地として復旧させますが、今度は土ではありません。またご紹介します。
土はキレイに取り除かれました。

IMG_5267
既存のステンレスの谷が出てきました。ステンレス自体は劣化しておらず穴が空いているなどの大きな雨漏りに繋がる状態ではなかったです。
しかし雨仕舞としては不安な箇所が見つかり雨の浸入を完全に止める為、新しく谷板金を造ります。
columns
IMG_52762
谷板金を造るのですが初めはこのように平らなロールになっています。ここから板金職人によって様々な形を形成し納めていきます。
IMG_5292
基本的には谷はこのように半分で折り曲げ、両端も少しですが、折り返しています。
columns
IMG_5296
谷樋は最終的に雨樋まで雨を運ぶ役割があります。水の流れを熟知した経験豊富な板金施工専門の職人の手によって施されいきます。
さすが板金専門の職人という程の板金の納めでした。
IMG_53002
真っ直ぐな谷はこのようにカバーさせていきます。
壁の取り合いの部分はそこにあった板金の加工をしました。

columns
IMG_5324
IMG_5326

columns
IMG_5347
次回のブログで瓦の復旧作業をご紹介します。
既存では土葺きという土を用いて瓦を留めていましたが、土は撤去したのでもう土は使いません。
土を使わずに瓦を留める方法をご紹介します。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

お客様にご挨拶

※2021年4月14日 記事公開こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。池田市で繰り返す雨漏りにお悩みですか?今回の現場ブログでは、弊社が池田市でおこなった「無料雨漏り調査」を大公開します。プロが徹底的に原因調査し、最適な雨漏り修理方法を...........

補修後の屋根瓦

※2021年3月28日 記事公開こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。「瓦一枚だけで業者に来てもらうのは気が引ける…」「ちょっとした瓦のトラブルでも来てもらえるの?」豊中市でこのような瓦屋根に関するお悩みをおもちですか?今回の現場ブログ...........

修理後の復旧した雨樋

※2021年3月22日 記事公開こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。吹田市で雨樋修理をお考えですか?弊社が吹田市でおこなった雨樋の修理事例をご紹介します!目立たない存在ですが、「外壁を雨水から守り劣化を防ぐ」「建物の基礎を雨水から守る...........

信頼の施工実績
お客様の声
headno7-1_jup1
7時~21時まで受付中!!
0120-1123-41