オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

瓦の下に葺き土ではなく、なんばんを。尼崎市


texts
尼崎市の現場で谷板金のカバー工事をしましたが、

谷のまわりの瓦を捲り、葺き土を撤去しました。

谷板金をカバーできれば瓦を復旧させるのですが、

葺き土は撤去してしまっています。

葺き土は使わずに、今度はなんばんという最近では主流になっている漆喰の仲間です。

屋根の部分補修などでは頻繁に使用させています。

先日も降り棟の漆喰詰め直し工事で面戸漆喰をせず、このなんばんを使用しました。

塗りと仕上げが一緒にできる優れもので、本物の漆喰の何工程も作業が必要なくなります。

本物の漆喰の方が耐候性が良いと言われますが、価格も上がります。

一般的な和風瓦の建物ではこのなんばんで十分です。

今回はこの瓦の下にはなんばん敷き、面戸には漆喰を使用しています。


columns
IMG_53291
既存谷板金まわりの瓦の下には葺き土と呼ばれる土によって瓦が
留められていましたが、葺き土は撤去しましたので葺き土の代わりにになんばんを使用します。
IMG_5330
瓦の下に土ではなく、なんばんと詰めていくのが最近では主流です。なんばんを詰める量は職人によって変わってきます。
しかし、惜しみなくたくさん使いしっかり瓦の下に敷き調整させます。


columns
IMG_00741
屋根から流れ落ちた雨は谷に流れますが、ここの雨仕舞をしっかり施工しておかないと雨水の浸入に繋がります。
瓦のズレや隙間も雨の浸入に繋がりますので、瓦の高さを調整することも大切です。
IMG_0072
谷板金は実際今二重になっていますが、ほぼ重なっていますので分りにくいですが、既存の谷もステンレスでしたが、かなり薄くなっていたようです。
columns
IMG_5361
谷板金の完成です。実際、瓦を取りはずし元に戻していますが、また納まりが変わってきますので、瓦をカットしながら納めていきます。
谷樋は新しくなりここからの雨の心配はもうありません。
IMG_5360
ここから下へ流れ、雨樋へと流れ着きます。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

箕面市 修理後の瓦屋根(棟)

※2020年9月25日 公開こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。今回は、弊社が大阪府箕面市で2017年におこなった屋根工事をご紹介します。屋根工事のきっかけは台風による屋根被害でした。2017年10月23日の台風21号で棟瓦に被害を受...........

雨漏りしている居室内

※2020年9月24日更新こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。大阪市都島区にお住いの方から無料雨漏り点検のご依頼をいただきました。雨漏りの状況は、2階建の2階天井から雨水が浸みだしているということです。今回、お問い合わせを頂いたのは住...........

屋根葺き替え後の金属屋根

※2020年9月23日更新こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。豊中市で屋根リフォーム、屋根修理の業者をお探しでしたら、北摂地域密着型の「街の屋根やさん大阪吹田店」へおまかせください。今回は、弊社が豊中市でおこなった屋根リフォームをご紹...........

信頼の施工実績
お客様の声
headno7-1_jup1
7時~21時まで受付中!!
0120-1123-41