オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

ルーフィング(防水シート)が張れました。堺市


texts
堺市の現場ですが、

下屋根の葺き替え工事中です。

瓦を捲り、葺き土も撤去し、新しく野地板を既存野地板の上に張りました。

野地板が張れれば、次にルーフィングという防水シートを野地板の上から

敷いていきます。

ルーフィングは防水シートという名前の通り、雨を建物内部に浸入させません。

最近ではこの防水シートが主流で、屋根工事では新築、リフォームなどの葺き替えやカバー工事でも

必ず用いて、屋根材の下に敷かれます。
columns
IMG_5882
野地板が張り終えるとここからは新築の屋根の造り方と同じです。
野地板の上に敷くのがルーフィングと呼ばれる防水シートです。
ルーフィングを軒先から棟へと敷き詰めていきます。
IMG_58831
ここのルーフイングがしっかり張れないと雨漏りの原因になってしまいます。ロールになっているので壁際からケラバにかけて敷いています。壁際の立上りは板金で巻きますのでその部分も考えて敷いています。
columns
IMG_5885

IMG_5887

columns
IMG_5889
軒先から棟へと敷いていくことによってルーフィングの重なりが上になり、雨が上から下へ流れても入りません。
切妻では軒先から棟へルーフィングを敷けば棟でルーフィングがぶつかります。最後に棟にルーフイングを被せ重ねます。
IMG_58981
最後にタッカーをルーフィングに打ちこみます。
仕上がりはこのように屋根全体にルーフィングが被せられました。
これだけでも雨は内部には入ってきません。
ここまでが屋根材を乗せる前までの工程です。
下屋根ではありますが大屋根でも施工は同じです。
columns
IMG_5895
明日は雨なので雨養生をします。
防水シートはしっかり張れていますのでこのままでも
雨は建物内部には入ってきません。注意したい場所は
壁の取り合い部分です。
ここは板金によって雨押えされます。
防水テープで壁とルーフィングを貼り雨の浸入を防ぎます。
IMG_59001
ケラバ側のルーフイングはタッカーで止めていますが、風で防水シートが捲れないように木材でビスを打ち固定しています。
シートが捲れてはせっかく張り替えた野地板に水が廻り、雨が浸入すれば雨漏りに繋がります。
少し大げさかもって思われますが、万が一の為の養生が必要です。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

お客様宅にて

※2021年5月7日 記事公開こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。大阪府三島郡で雨漏りにお困りですか?今回の現場ブログでは、弊社が三島郡でおこなった無料雨漏り点検の模様をご紹介します。繰り返す雨漏りにお悩みなら、まずは弊社の「無料雨漏...........

お客様にご挨拶

※2021年4月14日 記事公開こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。池田市で繰り返す雨漏りにお悩みですか?今回の現場ブログでは、弊社が池田市でおこなった「無料雨漏り調査」を大公開します。プロが徹底的に原因調査し、最適な雨漏り修理方法を...........

補修後の屋根瓦

※2021年3月28日 記事公開こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。「瓦一枚だけで業者に来てもらうのは気が引ける…」「ちょっとした瓦のトラブルでも来てもらえるの?」豊中市でこのような瓦屋根に関するお悩みをおもちですか?今回の現場ブログ...........

信頼の施工実績
お客様の声
headno7-1_jup1
7時~21時まで受付中!!
0120-1123-41